2017年6月20日 (火)

Lenovo YOGABOOK リアルペンの互換 替え芯 ~替え芯 赤、青、緑~

Lenovo YOGABOOK のリアルペンのボールペン替え芯の続報です。
赤、青、緑の替え芯も使えました。

赤の替え芯を使ってみました。
もちろん、画面側は黒です。

1497962172341.jpg

2017年6月18日 (日)

Lenovo YOGABOOK リアルペンの互換 替え芯

LenovoのYOGABOOK (Android版)の手書き文字の書き具合秀逸!
という情報をもとにいろいろ調べてみました。

一点、気になったのが、専用の「リアルペン」の値段が高いことと、互換となる代替のボールペンの替え芯がみあたらないということでした。

このリアルペンですが、本体部と、替え芯の組み合わせでできております。
ちなみに、リアルペン本体(グリップ部分)のみでは、文字は書けませんし、手書き入力も空中で書けてしまい、使い物になりません。
一方、替え芯のみでは手書き入力は出来ず、文字を書く際も2ミリほどの細さと、68ミリほどの長さではとてもつらいです。

このリアルペン本体(グリップ部分)に替え芯をセットすると、YOGABOOKにのせたノートに対し、文字を書き、手書き入力が可能になります。

リアルペン本体(グリップ部分)に、他社製の替え芯をセットしても、正常に動作せず、空中で書けてしまい仕えないようです。

純正の替え芯からは下記の情報が読み取れます。
「MiniStar ISO-12757-2 DOC SWISS TC F」

今回ためしたのが
「SCHMIDT-MINE 635 M
mit Stahisplize ISO 12757-2D M」

シュミット Schmidtボールペン 替え芯 リフィール 文字サイズ:M インク色:ブラック 635 M
SC-REF635M-BK

この替え芯。
リアルペンで使えるのですが、前提条件があります。
それは、“リアルペンに、浅くセットすること”

リアルペンに奥までグッとセットすると、空中でも書けてしまう困ったペンになってしまうのですが、浅くセットすると、純正品と同じように書けます!

価格は2017年6月現在、1本162円で販売されているのを確認しています。

ちなみに、紙に描かれる線は、純正品よりもやや太めです。

1497729968049.jpg

1497729968393.jpg

1497729968753.jpg

1497729969042.jpg

2016年9月27日 (火)

Windows10のタイルのアイコンの配置をコピーしたい・直したい

Windows10のタイルのアイコンを複数のPCで共通にしたいと思って、その配置情報等を格納しているファイルを探していました。

どうやら、下記のパスにあるデータベースフォルダのファイル群に情報が格納されているようです。
C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\TileDataLayer\Database

上記のフォルダは、隠しファイルです。
また、ログオンしているユーザでは、ファイルが使用中のため作業できないため、いったんサインアウトし、管理者権限をもつ他のユーザで作業を行う必要があります。

このDatabaseフォルダ内のファイルをすべて、他の正常なPCのものからコピーして置き換えると、そのコピー元PCと同じタイル表示にすることができました。

2016年9月23日 (金)

Panasonic DMC-GH4とDMW-BLF19互換バッテリーの不具合例

デジタルカメラのバッテリーの純正か互換品かという話は常に悩まされるところです。
安心・安定をとるか価格で選ぶか。

自己責任のもとに互換バッテリーを使うものの、いざというときに使えなくなると非常に困ります。

今回、Panasonic DMC-GH4とDMW-BLF19互換バッテリーで不具合を生じる現象が発生したので、こちらで報告しておきます。

【発生した現象】
・DMC-GH4で「電源を入れ直してください。」のメッセージが表示され、操作が出来ない。
電源を入れ直しても、シャッターを押すと同様のメッセージが表示され、撮影できない。

・バッテリーはWELLSKY製の互換バッテリー“DMW-BLF19E”。バッテリー残量表示が三段階のうち、二段階から一段階になるあたりでシャッターを押すと「電源を入れ直してください。」のメッセージが表示され、撮影できない。


同型の互換バッテリーでも、モノによっては問題がない場合もあるようです。

バッテリーが減ってきた頃に、デジタルカメラが動作不具合になるようでしたら、純正バッテリーの購入を視野にいれつつ。購入元へ問い合わせてみると良いかもしれません。

1474559093165.jpg

2016年6月 6日 (月)

防水DVDプレーヤー TWINBIRD VD-J712 のバッテリー交換

我が家のバッテリー駆動型の防水DVDプレーヤーの再生時間が15分程度になってしまいました。

1465210226438.jpg

バッテリーを交換しなくては…と調べてみたら、交換バッテリーの入手は今でも可能らしいことが判明。

思ったより値段が高いけど購入。
交換バッテリーの型番は「VD-BA21LP」

交換バッテリーが到着し、開封してみたら、手順書つき。

1465210225040.jpg

DVDをセットするためのカバーをあけて、ネジを二本ゆるめればバッテリー交換可能。

1465210226954.jpg

交換前のバッテリーは2008年製。
交換バッテリーは記載なし。交換年月だけ記入して、交換完了。
充電して、はいOK。

2016年5月27日 (金)

ASUS ZenFone2の画面をPCに表示したり操作するには

ASUS ZenFone2には、PCと接続して、画面を表示したり、操作する機能があります。

詳細は、下記に記載があります。

ASUS PC Link の インストール方法に関して

https://www.asus.com/jp/support/FAQ/1007320

実際には、

1.Windows Vista以降のPCへのASUS PC Linkのインストール

  ダウンロードURL=  http://pclink.asus.com

2.ZenFone2側のUSBデバッグ機能の有効化

3.USB接続

が必要になります。

2016年5月17日 (火)

Western Digital製HDDのサポートを受けるには

Western Digital(以下、WD)製のHDDのサポートを受ける方法の備忘録です。

Amazonで購入したHDDが故障しました。
製品サポートには、”代理店1年、メーカー2年6か月”との記載があり、まず、Amazonに問い合わせをかけたのですが、Amazonは代理店ではないとの回答があり、メーカーサポートを紹介されました。

メーカー(WD)のサポートでは、アカウントの登録および、製品の登録を済ませる必要がありました。
下記のURLにアクセスし、アカウントや購入したHDDを登録しておくことをおすすめします。
http://www.wdc.com/jp/
画面右上にある”サポート”をクリックします。
Wd01
Wd02

画面が切り替わります。
http://support.wdc.com/index.aspx?lang=jp
まず、アカウントを登録します。
「Regiter Now!」ボタンを押します。
Wd03
以下の情報を設定します。

■言語      = 日本語
■国       = 日本
■ユーザーのタイプ= エンドユーザ
以下、英語表記で入力しておくと、製品の交換の際、スムーズに手続
きができると思います。
必須入力項目は下記の通りです。
■姓
■名
■電話番号
■電子メール
■パスワード
Wd05

登録したアカウントでログインします。
Wd03_2
正しくログオンできると下記の画面になります。
Wd06
”製品(複数可)を登録する”をクリックします。
以下の情報を設定します。
■シリアル番号
■購入日
■購入した場所
Wd07
製品の登録ができました。
Wd09

この情報をもとに、サポートが受けられます。
今回は、購入日から2年6か月のサポートが表示されています。
製品の保証を受けるには、この登録した製品に”RMA番号”というものを発行してもらい、その情報をもとに手続きをします。
サポートには多くの条件が記載されており、注意が必要です。
修理・交換品の返送先情報は、英語表記が良いです。
また、故障品の発送時は、
■静電気防止袋にいれる
■十分な緩衝剤を準備する
■箱の3面にRMA番号を記入する
■箱の中にRMA番号等を記載した故障品の情報等を書いたものを同梱
などが注意点です。
私の時は、国内(東京都港区)に発送しました。
送料は、元払いの必要があります(返送時は送料不要)。
今回、2TBのHDDが故障し、製品の修理・交換を依頼しました。
発送から返送品の到着まで、約2週間でした。

特に、故障理由等が記入された保守レポートのようなものはありませんでした。
なぜか、今回、容量3TBのものが返送されてきまして、トクした気分です。

2016年5月16日 (月)

リップヴァンウィンクルの花嫁のロケ地・撮影地 ~箱根エリア~

私の今年のGWは10連休。 ひたすら動き回った2016年のGWでした。 GWといえば人気の場所は混んだり、渋滞するので、今回のロケ地・撮影地訪問はGW内の平日に日程を決めました。 この日の午前中は富士山のふもとでチューリップをながめ、雨が降り出す午後には帰路につくという計画でした。 曇り空と木々のかげで、昼なのに薄暗い目的地に着くと… 1463382243744.jpg おおぉ~ あったあった。門もあいてる。 1463382247074.jpg 1463382250813.jpg 当然、階段も。 自転車で走ってくる道・橋も。 1463382253797.jpg そのままでした。 1463382257586.jpg 実際はイタリアンレストランで、当日は残念ながら営業時間外。 またきますね。

リップヴァンウィンクルの花嫁のロケ地・撮影地めぐりで箱根まで。 あのお屋敷を全天球カメラで撮影してきました。画像をぐりぐりまわせます。 #RICOH #THETA #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

2016年5月 9日 (月)

ディレクトリの容量表示ツールとプロファイルフォルダのデータ整理によるWindowsのパフォーマンス改善

 Windowsのフォルダの容量確認は、エクスプローラ等で、該当フォルダの上で右クリックしてプロパティを表示すれば確認ができます。

どこのフォルダが一番ハードディスクを占有しているか確認するには、ディレクトリの容量表示を行うソフトを使うと便利です。

今回は、Vectorで公開されていた"Filesum"を使用してみました。

小さな実行ファイル単体で起動可能なこのソフトは、非常に便利です。

今回は、Windowsのパフォーマンス低下の原因となるユーザプロファイルフォルダの肥大化を整理するために使ってみました。

早速、Filesumを起動し、c:\Usersフォルダを指定して、START!

じぇっ!

Fs01

C:\Users\All Users\Microsoft\Windows\WER\ReportQueue フォルダのサイズが大変なことになっていました。16GB?

Fs02

このフォルダに保存されているファイルは、”Windowsエラー報告(WER)ファイル”と呼ばれているらしく、ディスクのクリーンアップ機能や、手動での削除が可能なようです。

【参考】

Windowsエラー報告(WER)ファイルの手動削除

https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/48fbed9a-1a01-4357-8250-2a8abfcfe98c/windowswer?forum=windowsserver2008ja

とりあえず、手動削除をしてみて、Windowsのパフォーマンスが改善されるか確認してみました。

以前、メモリの不良等でWindowsのエラーが頻発したPCだったので、エラー報告ファイルが大量に作成されたのかもしれません。

ファイル削除後のWindowsの起動時間、レスポンスは、当方の環境では体感できるほどに改善しました。

2016年5月 5日 (木)

PowerDirectorを使用して、PV系の動画を集めたDVD-R(4.7GB)を作成

MVとかPVとか呼び方はいろいろあるようですが、曲に合わせた動画が公開されていることが一般的で、個人的なオリジナルCDのように、そういった動画もかき集めて、DVDに保存したいことが多いと思います。
そんなわけで、今回は、実際に作成した過程を個人的備忘録的な感じで、ざっと箇条書き程度で記録しておきます。
使用機器は、我が家のメインマシン
CPU: Intel Core i7 6700K
MEM: 16GB
起動ドライブは、SSD128GB
データドライブは、SATA1.5TB
使用OSは、Windows10 Pro(64bit)
使用アプリは、CyberLink PowerDirector14 Ultimate Suite
素材として利用したのは、ほぼ以下のファイル。
・1280x720のMP4ファイル
・ファイルサイズは、30MB~90MB程度
・動画ファイルは、約4分
上記ファイルを15個、DVD-R(4.7GB)に書き込むように編集しました。
Pvdvdmake02
今回は、4414MB/4700MB。
メニューのテンプレートには、PowerDirector14に含まれる”宇宙”を使用。
トップメニュー1ページと、1ページ当たり、3つのコンテンツが保存できるテンプレート。
今回は、15個のファイルを追加したので、トップページ1ページ+5ページ。
ページタイトルや、コンテンツ名、各種ボタンが重なって配置されないように設定することがたいせつです。
また、再生モードは、”メニューページからすべてのタイトルを順番に再生する”を選択し、”自動メニュータイムアウト(デフォルト13秒)”を設定しました。
上記の設定で、メニューから順にコンテンツを再生し、最後まで再生したあとは、またメニューに戻って、13秒後にコンテンツ再生...といった動きになります。
コンテンツは、我が家のファイルサーバに保存されており、1Gbpsの有線LANで接続されている環境です。
以上の設定を完了し、DVD-Rを1枚作成したところ、13分39秒でできあがりました。
 
素材さえあれば、それほど労力をかけずに、家庭用DVDプレーヤーやカーナビのDVDでも再生できるDVD-Rメディアが作成できます。

サイバーリンク公式オンラインストア

サイバーリンク

«リップヴァンウィンクルの花嫁のロケ地・撮影地~鶴見エリア~

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ