« 原因を特定できないまま・・・続くトラブル対応 | トップページ | 原因を特定できないまま・・・続くトラブル対応(続報) »

2010年12月18日 (土)

【ML115G5】70度超のチップセットを冷却する

いまさらながら、格安サーバであるHP ProLiant ML115G5で遊んでいます。

かなり遊び倒しているのですが、今回はチップセットの冷却について書きます。

ML115G5に搭載されているファンは2つ。

ひとつはCPU、もうひとつはケースファン。

特にケースファンに関しては爆音発生器と呼ばれ、交換している方も多くいらっしゃるようです。

音に関しては無関心な私なので、こちらはスルー。

どちらかというと気になるのはチップセットの温度。

ヒートシンクはついているものの、電源投入中にケースをあけて誤って触れるととんでもない熱さ。

そこで、「どこでも温度計2」という製品を買ってきて、稼働中のヒートシンクの温度をはかってみました。

すると・・・

Dscf1158

70.5℃!

熱過ぎです...予想以上です。

ってなわけで、このヒートシンクに取り付けるファンを探してみたところ、40mm角のファンが取り付けられそう。

そこで廃棄予定のi810マシンのCPUクーラー上に載っていたファンを取り外して、移植してみました。

こんなファンです。

Dscf1160

これが移植後の状態。室温19.5度。

Dscf1161

電源を投入していませんし、もちろんファンも回っていません。

さて、効果は?

ということでスイッチオン☆

Dscf1162

おぉ、効果高し! 

ほぼ無負荷状態ですけどね。

で、cpubusy.vbsと呼ばれるスクリプトでCPUに負荷をあたえて5分後くらいに計測したのが下記の値。

31.1℃

Dscf1163

チップセットの温度上昇というよりも、CPUの温度が上昇して、CPUファンが吸い出した排気で温度が上がったのかも。

で、通常運用時を想定してケースカバーを閉めた状態がこれ。

30,8℃

Dscf1164

だいたい稼動時で、31℃前後といったところですかね。

これなら連続稼動も問題ないでしょう。

#費用

 980円 どこでも温度計2・・・アキバ ヨドバシカメラ

   0円 40mm角ファン・・・排気予定PCから奪取   

« 原因を特定できないまま・・・続くトラブル対応 | トップページ | 原因を特定できないまま・・・続くトラブル対応(続報) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/50332511

この記事へのトラックバック一覧です: 【ML115G5】70度超のチップセットを冷却する:

« 原因を特定できないまま・・・続くトラブル対応 | トップページ | 原因を特定できないまま・・・続くトラブル対応(続報) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ