« Disk2Vhd (v1.63)を試してみた | トップページ | 謎多き、夢(?)のデバイス...”USB to 1080p HDTV”を試してみる »

2011年1月26日 (水)

PowerDVD起動時に、「TODO:動作を停止しました」が表示される

家庭用HDD/DVDレコーダで記録されたDVDをPCで観ようと思うと、意外とハードルが高いです。

ドライブの制約があったり、再生ソフトの対応状況だったり。

我が家の環境は、Windows7 Enterprise(x86)の評価版。ドライブは、PioneerのBDR-206JBKというBlu-ray 3Dまで対応するBDドライブに、再生ソフトは、PowerDVD9です。

こちらで、前述のDVDを再生しようと思ったら、エラーがポップアップ。

表示されたメッセージは、「TODO:<File description>は動作を停止しました」。

Comap

問題となるアプリケーションは、”COMAP.EXE”という名前でした。

その後、PowerDVDが起動し、動作自体は問題なし。

気にはなるので、調べていくと・・・

そのメッセージの”問題の署名”を引用すると下記のとおり。

>引用開始

問題の署名:
  問題イベント名: APPCRASH
  アプリケーション名: COMAP.EXE
  アプリケーションのバージョン: 1.0.0.1
  アプリケーションのタイムスタンプ: 4965d728
  障害モジュールの名前: COMAP.EXE
  障害モジュールのバージョン: 1.0.0.1
  障害モジュールのタイムスタンプ: 4965d728
  例外コード: c0000005
  例外オフセット: 000000000000129f
  OS バージョン: 6.1.7600.2.0.0.256.4
  ロケール ID: 1041
  追加情報 1: 0db6
  追加情報 2: 0db623d2d02553cc2783a8fbc18621da
  追加情報 3: 642c
  追加情報 4: 642c353c5e9f43d01b2fbf5268aa2fe5

<引用終了

アプリケーション名に、”COMAP.EXE”というものが見えます。

このファイルの場所は、コチラ

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Temp\COMAP.exe

Comap2_2

技術情報によると、このファイルのプロパティの互換性タブにて、「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックをいれればよいとのこと。

Comap3

ドロップダウンリストがあって、OSの種類をいくつか選択できますが、こちらの環境では”Windows Vista”でポップアップは解消されました。

« Disk2Vhd (v1.63)を試してみた | トップページ | 謎多き、夢(?)のデバイス...”USB to 1080p HDTV”を試してみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/50690055

この記事へのトラックバック一覧です: PowerDVD起動時に、「TODO:動作を停止しました」が表示される:

« Disk2Vhd (v1.63)を試してみた | トップページ | 謎多き、夢(?)のデバイス...”USB to 1080p HDTV”を試してみる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ