« Symantec Anti Virus 9 Corporate Editionによる障害 | トップページ | vSphere Host Update Utility 4.0 を試してみる »

2011年1月 8日 (土)

vSphere Clientのエラー

少しずつさわりはじめたVMware。

ESXi4.0とESXi4.1を別々のUSBメモリに導入して、必要に応じて使い分けてみようとおもっています。

ESXi4.0は、VCPの試験対策用ですが・・・

さて、ESXi4.0の導入後、vSphere Clientを導入先のサーバからDLして導入したところ、下記のエラーが発生して接続できませんでした。

[接続できませんでした]

”サーバ「     」の「clients.xml」ファイルの解析エラー。

 ログインを続行します。システム管理者にお問い合わせください。”

Vsphere4error

続行しても下記のエラーがでてすすめません。

”The type initializer for 'VirtualInfrastructure.Utils.HttpWebRequestProxy' threw an exception.”

Vsphere4error2

調べてみると、MSのパッチである「KB980773」 が影響しているとのこと。これをアンアインストールするか、最新のvSphere Clientを導入すると直るんですって。

ちなみに、ESXi4.0からDLしてきたファイルのバージョンは下記の通り。

VMware-viclient.exe Ver.2.5.8.5

ESXi4.1と同時にDLしてきたファイルは下記の通り。

VMware-viclient-all-4.1.0-258902.exe

こちらを導入したら、無事に接続できました。

[参考技術情報]

vSphere Client does not open on any Windows operating systems with the error: parsing the server "<servername>" "clients.xml" file
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1022611

« Symantec Anti Virus 9 Corporate Editionによる障害 | トップページ | vSphere Host Update Utility 4.0 を試してみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/50524515

この記事へのトラックバック一覧です: vSphere Clientのエラー:

« Symantec Anti Virus 9 Corporate Editionによる障害 | トップページ | vSphere Host Update Utility 4.0 を試してみる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ