« PCの再生音の録音について ~Audacity~ | トップページ | FMV-BIBLO MG70KのHDD交換 »

2011年2月23日 (水)

P2V後に仮想環境に移行したWindows OSのアクティベーション要求について

先日おこなったP2V作業での出来事です。

物理環境のWindows Server 2003 SP2(R2ではない無印)をVMware ESXサーバ上にP2Vした後の出来事です。

P2Vということで当然、H/Wの変更ということになり、OSの起動、そしてログオン後にアクティベーション要求のメッセージが表示されました。

Photo

メッセージは下記の通りです。

「続行する前にWindowsのライセンス認証の手続きを実行してください。
手続きが完了するまでログオンすることはできません。
今すぐ手続きを実行しますか?」

選択肢は3択。

[はい]・・・・・・インターネット接続がないのでNG
[いいえ]・・・・・・手続きをしないとすすめない
[キャンセル]・・・シャットダウン

ここで、”はい”を選んで、アクティベーション画面が開けばよいのですが、今回、不正な処理として、エラーで落ちてしまったり、キー入力をうけつけないまっさらな画面が表示される現象に陥りました。

アクティベーションが自動で進むとおもっていた部分もあるのですが、P2Vした時点でNICは変わっており、DHCPの設定になっているので、環境にもよりますが、インターネット経由でのアクティベーションはこの時点では不可。

かといって、NICのドライバインストールやIPアドレス設定、プロキシの設定ができないので、途方にくれる方も多いと思います。

以下の手順で、回避できたので、記述しておきます。

【上記の現象に陥った場合の対処方法】
・セーフモード(ネットワークなし)で起動

 ※ちなみにセーフモードでは、アクティベーションは不可なので、この時点では認証不可。

・デバイスマネージャでNICを無効にして再起動する
・セーフモードではない(通常)モードで起動およびログオンするとアクティベーション画面が表示される。

・[プロダクトキーの変更]ボタンを押して、プロダクトキーを入力して、IDを生成する。

 再作成されたIDの情報を用いて電話によるアクティベーションを実行する。

【電話】
電話にて、生成されたIDを入力する。

以上で、P2V後のゲストOSも稼動できることを確認しました。

[プロダクトキーの変更]ボタンを押して入力するキーは、事前に情報を入手しておくことをおすすめします。

特に、ハードウェアメーカのプレインストール版、OEM版などで、そのハードにプロダクトキーが貼られている場合や、パッケージ版の時は、そのキーを探すのに手間と時間がかかるのでご注意ください。

« PCの再生音の録音について ~Audacity~ | トップページ | FMV-BIBLO MG70KのHDD交換 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

初めましてpkです。

たまたま検索でヒットしてきました。
同じようなことを1~2年くらい前にやりましたよ。
p2v(vmware esx)で同じように2003ではまりました。
災害対策としての常にp2vしてる状態でちょくちょくテストしてますがアクティベーションは本当に手間ですね。
p2v直後はもちろんvmware toolsのインストールができていないため、nicのドライバがないため電話でのアクティベーションとなりますが、セーフモードに入らずとも普通にアクティベーション画面に進めることができてます。
なにか環境の違いですかね。

vm判定~netshでのNW設定と物理サーバにバッチを仕込めればスマートですかねぇ。
ログオンスクリプトではなくスタートアップスクリプトを利用すればいけるのかも?

ちなみにvmware toolsは強引に物理サーバにインストールしておくともっと楽になりますよ。
常にp2vを繰り返してる環境上いかに簡単にするかを追求した結果ですが、こんな強引なことやる人もいないでしょうから、あまり参考にはなりませんね(;´Д`)
失礼しました~

コメントありがとうございます。
アクティベーション画面が不正な処理で落ちてしまうという現象は私もこの時がはじめてで、最初はどうすべきかかなり悩みました。
Windows2003の場合、パッケージ版、サーバメーカーのOEM版、Volume License版などあるので、そういった違いもなにかあるのかもしれませんね。

はじめまして。flair
「P2V アクティベーション」で検索して訪問いたしました。
有用な情報をありがとうございます。

一点だけ気になったのでコメントを。

OEM版windowsは、ハードウェアと連携している認識です。
なので基本的にはOEMライセンスのP2V移行はNGと思っています。。。
cancer

すみません。先ほど書き込んだものです。
OEMでP2Vする場合、移行先にライセンスを用意しておけばよいのでしたね。
先走って申し訳ないです。

コメントありがとうございます。
このあたりの情報が参考になりますね。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/licenseguide/qgd0803_p04_06.mspx

PtoVで同様の現象で悩んでいたので、大変参考になりました。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/50953140

この記事へのトラックバック一覧です: P2V後に仮想環境に移行したWindows OSのアクティベーション要求について:

« PCの再生音の録音について ~Audacity~ | トップページ | FMV-BIBLO MG70KのHDD交換 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ