« Multimedia Sharing Adapter ~MediaShare.exe~ を試してみる | トップページ | ハードウェアRAID(MegaRAID)を利用した機器設定の複製(前編) »

2011年2月25日 (金)

Panasonic DMC-TZ20 の試用・使用レポート

DMC-TZ20に触れる機会があったので、レポートします。

ここのところ、私が使っているデジカメは、PanasonicのLumixシリーズが多いです。
現在、DMC-TZ5とDMC-GH1を使用中。旗艦は、Nikon D90ですが~

さて、パッケージ。

P1060983
中身はシルバーモデルなのですが、外箱の写真はブラック。
[シルバー]の部分だけ変えているみたいですね。この部分、シールではなく、きちんと印刷です。

さっそく開梱して同梱物の確認。

P1060984
その間にバッテリの充電。

P1060985
バッテリパックは、TZ5の3.7V(1000mAh)から、TZ20では、3.6V(895mAh)へ容量ダウン。
バッテリ自体、薄くなってますしね。
TZ20ってGPSもついているし、撮影可能枚数減るだろうなと思ったら、
やはりダウン。TZ5の300枚からTZ20は260枚。

充電には130分。TZ5では120分だったから、電源周りはちょっと残念。
また、予備バッテリが必要だろうな~

バッテリは、ファームウェアにて純正バッテリの利用のみといった制限があります。

本体は、若干横幅が増えました。スペック表では、1.6mm大きくなりました。

P1060986

P1060987
厚みは薄くなって、2.1mm減少。レンズ部分が薄くなりましたね。

P1060988
高さも薄くなり、1.7mm減少。
デザインは全体的にボタン位置やレイアウトも含めて、TZ5と似通っており、操作に迷いはなさそうです。
大きな違いは、本体上面のGPSユニットくらいですね。

箱の中身を確認してみて気づいたのが、変な形のパーツ。

P1060989
調べたら、タッチペン。
スタイラスペンみたいなものですね。
これはストラップの先っぽにでも、ピンをつけてくれるだけでかまわないかな。

さて、早くバッテリの充電おわらないかな。

« Multimedia Sharing Adapter ~MediaShare.exe~ を試してみる | トップページ | ハードウェアRAID(MegaRAID)を利用した機器設定の複製(前編) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/50967550

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic DMC-TZ20 の試用・使用レポート:

« Multimedia Sharing Adapter ~MediaShare.exe~ を試してみる | トップページ | ハードウェアRAID(MegaRAID)を利用した機器設定の複製(前編) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ