« イーモバイル HTC Ariaのテザリング手順 | トップページ | P2V後に仮想環境に移行したWindows OSのアクティベーション要求について »

2011年2月15日 (火)

PCの再生音の録音について ~Audacity~

動画編集の際などに、PC上で再生される音声をファイルとして取り込みたい場合があります。

便利なソフトウェアはいろいろありますが、私が使っているのが「Audacity」というフリーウェアです。

英語版のソフトウェアですが、日本語表示も可能で、MP3のエンコーダを設定すれば、音声のMP3書き出しも可能です。

設定には、若干クセがあり、録音用デバイスの登録の部分は忘れやすい部分なので、ここに記録しておきます。

まず、Audacityを起動し、[編集]メニューの[設定]を選択します。

「オーディオI/O」のタブで、レコーディングのデバイスが空白の場合があります。

001

この場合は、録音デバイスの設定が必要です。

まず、タスクトレイのスピーカーマークを右クリックし、「録音デバイス」をクリックします。

003

サウンドの画面が表示されます。「録音」タブ内で、右クリックし、”無効なデバイスの表示”を選択します。

すると、いくつかデバイスが追加表示されます。

ここで、”ステレオミキサー”を”有効”にし・・・

005

”既定のデバイス”に設定します。

006

再度、Audacityを起動しなおし、設定画面を開くと、レコーディングのデバイスのドロップダウンリストに、デバイス名が表示されるようになります。

007

あとは、設定したいデバイスと、チャンネルをステレオ等にします。

008

また、MP3書き出しを行う場合は、別途「lame_enc.dll」というファイルを入手しておきます。

このファイルをAudacityのpluginフォルダ等に保存しておきます。

その後、Audacityの設定画面の「ファイル形式」タブにて、MP3書き出しセットアップ内の「ライブラリ検索」ボタンをクリックし、lame_enc.dllを指定します。

010

すると、MP3書き出しが有効になります。

011

以上で、AudacityによるPC上での再生音の録音環境が設定できます。

« イーモバイル HTC Ariaのテザリング手順 | トップページ | P2V後に仮想環境に移行したWindows OSのアクティベーション要求について »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/50882167

この記事へのトラックバック一覧です: PCの再生音の録音について ~Audacity~:

« イーモバイル HTC Ariaのテザリング手順 | トップページ | P2V後に仮想環境に移行したWindows OSのアクティベーション要求について »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ