« PowerDVD起動時に、「TODO:動作を停止しました」が表示される | トップページ | IBM Systems Director 6.2.1の導入と注意点 »

2011年2月 2日 (水)

謎多き、夢(?)のデバイス...”USB to 1080p HDTV”を試してみる

各所で、静かに騒がれている謎のデバイスこと、”USB to 1080p HDTV”を入手し、その実態を確認してみました。

事前情報として、以下のことは確認していました。

1.ドライバ不要のUSBデバイス(ケーブル)

2.USBマスストレージとして認識される(らしい)

3.接続したPCのフォルダやCD/DVD-ROMを相手側のPCに見せることができる(らしい)

さて、それでは外装から紹介。

まずはパッケージの前面・・・

P1060945

背面です。

P1060946

嘘か、本当か、”COMPATIBILITY”の表記があります。

P1060947

パッケージは中身もシンプル。

P1060948

ドライバのメディアはおろか、説明書さえない徹底っぷり(これでいいのか!?)

製品自体も、表には製品名がプリントされているものの・・・

P1060949

一般的には裏面に表示されている”製造元”や”シリアル番号”もありません。

P1060950

説明書がないので、USBケーブルの両端のどちら側がホストかゲストかもわかりません。

とりあえず、ゲスト側っぽい感じのLEDがない側のUSBコネクタを、我が愛機のX40に接続。

P1060951

すると、勝手...ぃぇ、自動的に認識とドライバの読み込みが行われました。

検出デバイスとしては...「Combo Drive」

Combo_drive

製品名は・・・「Go! Suite USB Device」

Go_suite_usb_device

デバイスとしては、CD-ROMドライブとして認識しているようです。

Cdrom   

デバイスの認識が完了すると、製品のロゴが表示されます。

製品バージョンは、「1.0.915.11」

Logo

その後、ユーティリティ画面が起動します。

非常にシンプルで、タブが2つあるくらい。

「バーチャルディスク」と

10mediashare

「CD/DVDの共有」タブ

11mediashare 

「バーチャルディスク」は、指定したフォルダをマウントをゲスト側に見せることができ、

「CD/DVD共有」では、ホスト側のCD/DVDドライブのほか、ISOイメージのマウントと共有もできます。

いったん、製品の内容について確認したいと思います。

まず、この製品がデバイスマネージャ上でどのように認識されているかというと・・・

ケーブルの接続時にも表示されていた「Go! Suite USB Device」が、DVD/CD-ROMドライブの項目に表示されました。

Devicemanager

では、デバイスのプロパティをみてみましょう。

DVD.CD-ROMとして認識されているようです。

0

ドライバは、XP標準のものを使っている様子・・・

1

念のため、ドライバファイルの情報を確認してみました。

2

また、本デバイス(ケーブル)ですが、PCにさして、放っておくだけで、ドライバの読み込みが自動的に行われます。また、ドライブとしても認識されます。

格納されていたファイルは下記のとおりです。

14mediashare

まぁ、あまり気にしなくてよいのかな?

製品のドライバは、製品の中に含まれているらしく、自動インストールです。

また、ファイル名やファイルのバージョンは下記のとおり

「MediaShare.exe  1,745,920bytes」

Exe

バージョンは、「1.0.915.11」です。

15mediashare_2

テストとして、ホスト側にはWindowsのOSインストールメディアをマウントし、ゲスト側では起動デバイスでのデバイスの表示名を確認しました。

P1060956

起動デバイスとして認識してくれました。

USB CD扱いのようです。

P1060955

実際に、ゲスト側にはUSB接続のCD-ROMドライブとして認識されています。

ですので、ゲスト側PCでは、OSのインストーラの起動もできました。

ちなみに、ゲスト-ホストを接続すると、LED2つが点灯/点滅します。

P1060954

試してみたところ、ケーブルの両端のどちらがホスト用/ゲスト用という区別はないようです。

先に差したほうがホストになるっぽい。

ドライバの読み込みは初回のみですが、両端とも別々にドライバを読み込みました。

また、フォルダの共有ですが、ファイルサイズが大きかったり、ファイルの数が多いフォルダをマウントすると、マウントまでに多くの時間を要します。

他の方のレポートをみると、時間がかかった挙句、落ちてしまうこともあるとか。

キワモノ(?)ですが、なかなか面白いデバイスですね。

UMA-ISOなんていのもきになります。

http://item.rakuten.co.jp/hanwha/uma-iso/

« PowerDVD起動時に、「TODO:動作を停止しました」が表示される | トップページ | IBM Systems Director 6.2.1の導入と注意点 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/50760451

この記事へのトラックバック一覧です: 謎多き、夢(?)のデバイス...”USB to 1080p HDTV”を試してみる:

« PowerDVD起動時に、「TODO:動作を停止しました」が表示される | トップページ | IBM Systems Director 6.2.1の導入と注意点 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ