« 我が青春の29er ~フルリジッドMTB?~ | トップページ | IO DATA HVL-AV2.0の設置とファームウェア更新 »

2011年4月21日 (木)

Microsoft Update カタログによる更新ファイルの個別/一括ダウンロード

仕事柄、複数台のWindowsマシンに、Microsoft Update(Windows Update)を適用する機会があります。

回線が遅かったり、適用対象台数が多いと、アップデート作業だけで多くの時間がかかってしまいます。

いくつかの方法、ソリューションで、アップデート作業の効率化・省力化を試してきましたが、現在、シンプルな方法としては、Microsoft Updateカタログにて、更新ファイルを検索しての一括ダウンロードが、更新ファイルの入手には一番楽かなと考えています。

まずは、Microsoft Updateカタログへ移動なのですが、その前にブラウザにて下記の設定をおすすめします。

・ポップアップブロックの無効化

・cookieを含むキャッシュの削除

以上をすませてから、下記のURLにアクセスします。
http://v4.windowsupdate.microsoft.com/catalog/ja/

W01

ダウンロードするOS、ブラウザ、更新状況によっては、アドオンのインストールを要求される場合があります。

その場合は要求にしたがって、インストールを済ませます。

W02

W03

アドオンのインストールが完了すると、カタログの検索画面が表示されます。

検索キーワードに、適用対象となるOSや更新ファイルの種類を入力します。

ここでは、「Windows 2008 R2 セキュリティ」と入力しています。

”Windows Server 2008 R2” の ”セキュリティ関連の更新ファイル”の入手を意図しています。

W04

検索が完了すると、キーワードにヒットしたファイルが表示されます。

W05 

複数ページにまたがる場合があるので、各ページごとに”すべて追加”や”追加”でダウンロードするファイルを選択します。

W06

W06_2

W07

W08

追加するファイルは100個以内におさめたほうがよさそうです(経験上)。

100個を超えるあたりから、”バスケットの表示”を押したあとに、エラーが表示される場合があります。

W09e

”バスケットを表示”を押して、ダウンロードファイルが選択されると下記の画面が表示されます。

”ダウンロード”を押すと、保存先の指定を行い、ダウンロードを開始します。

W10

W11

ダウンロードするファイルの保存先を指定して「続行」を押します。

W12

ライセンス条項に同意すると・・・

W13

ダウンロード開始です。

W14

ダウンロードが完了したら、「閉じる」で、ダウンロード作業を終了です。

W15

ダウンロードした更新ファイルの適用方法については、また後日。

« 我が青春の29er ~フルリジッドMTB?~ | トップページ | IO DATA HVL-AV2.0の設置とファームウェア更新 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/51448042

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Update カタログによる更新ファイルの個別/一括ダウンロード:

« 我が青春の29er ~フルリジッドMTB?~ | トップページ | IO DATA HVL-AV2.0の設置とファームウェア更新 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ