« WHR-G301Nが遅い? ~802.11nを有効にするには~ | トップページ | Windows2003(R2)にリモートデスクトップ接続するとブルースクリーン? »

2011年6月23日 (木)

SONY VAIO Type P VGN-P80H のHDD→SSD交換

VAIO Type PのHDDモデルを所有しています。

型番は、VGN-P80Hです。HDDモデルは、経験上性能が思わしくない1.8インチタイプ。

IBMのX40と似たタイプのHDDです。

案の定、このHDDを搭載したVAIOは、遅いのなんの。

OSがVistaということもあって、ちょっとした操作ごとに、HDDのアクセスランプを見続けるほど遅い。

というわけで、SSDへの交換を決意。そのレポートです。

1.キーボード手前側にある左右のゴムキャップを外す

・ねじカバーにもなっているゴムキャップを外します。

・つめや精密マイナスドライバ等を使うとよいとおもいます。

P1070186

P1070187

2.バッテリと、裏面の2本のねじの取り外し

・本体をひっくり返してバッテリを取り外します。

・バッテリを取り外したらあらわれる2本のねじを外します。

P1070188

3.SDカードとメモリスティックのカバーを取り外します。

・2枚とも取り外します。

P1070189 

4.キーボード手前の左右のねじの取り外し

・先ほど取り外したゴムキャップの下にあるねじを取り外します。

P1070190

5.キーボードの取り外し

・ヒンジ部分あたりをおさえつつ、キーボードを本体手前側にスライドさせます。

P1070191

P1070192

・キーボードの裏面両側が本体側のつめにひっかかる構造です。

・ゆっくりと外します。

6.キーボードが外れたら、8本+4本のねじの取り外し

・キーボードはWIRELESSのON/OFFスイッチ付近にフラットケーブルがあります。

・フラットケーブルは接続したままでも作業はできます(断線に注意)。

・まず、”⇒”マークがついている8本のねじをはずします。

P1070193

・右側にある小さな緑色の基板上の(A)というねじは外しません。

 ※画像では間違って外しちゃってます。外しても害はありません。

P1070194

・次に、ヒンジ部分の銀色のねじを4本外します。

・右側のねじのうち、一本はテープの下に隠れています。

P1070195

8.本体カバーの取り外し

・裏返して、バッテリ取り付け部分付近にあるつめをおしつつ、カバーを外します。

P1070196

P1070197

・ようやく、HDDが見えました。

9.HDDのケーブルの取り外し

・オレンジ色のコネクタ部分を上側につまみあげると簡単に外れます。

P1070198

P1070199

10.HDDの取り外し

・HDDの4隅にあるゴムパーツをつまみあげながら外します。

P1070200

11.SSDへの交換

・今回使用したのはRunCore製の64GBのもの

・型番は、RCP-IV-Z1864-MCです。(RunCore SSD 1.8"ZIF Plus)

※Type Pは、HDDモデルとSSDモデルで接続コネクタが異なることが注意点です。

P1070201

P1070202

・並べて比較してみました。

・HDDはTOSHIBA MK6028GAL 60GBです。

P1070203

12.フラットケーブルの取り外し

・フラットケーブルを取り外すには、コネクタ部分の黒いストッパーを引き上げます。

P1070204

P1070205

13.フラットケーブル付け替え

・1番ピン、40番ピンの位置を間違えないように接続します。

・今回のSSDは向きが交換前のHDDと同一でした。

P1070207

P1070208

14.逆の手順で組み立て

・注意点は、WIRELESSと電源用のスライドスイッチです。

・内部のスイッチが正常に動かせるように注意しつつ、組み立てます。

15.BIOS(uEFI)での確認

・組み立てが完了したら電源をいれ、起動時にF2キーを押します。

・HDD Disk Driveの欄に交換したSSDのサイズが表示されていることを確認します。

P1070209

15.リカバリ処理

・本体のリカバリ処理を行います。

・あとは、通常のリカバリ手順に従ってください。

P1070210

交換前後のCrystalDiskMarkの結果を載せておきます。

1.標準のHDD、OSはVista

Vaiop_hdd

2.交換したSSD、OSはVista

Vaiop_ssd_vista

3.交換したSSD、OSはWindows7

Vaiop_ssd_win7

Windows7にして、ようやくまともな速度で動くようになりました。

Vistaで重いと感じている方は、Windows7へのアップグレードをおすすめします。

« WHR-G301Nが遅い? ~802.11nを有効にするには~ | トップページ | Windows2003(R2)にリモートデスクトップ接続するとブルースクリーン? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

私もSony Vaio Type PのHDDをSSDに換装しようと思って、
秋葉原でZIFタイプのSSDを探してずいぶん歩き回ったののですが、
この接続に合うSSDはないといわれてあきらめました。

VISTAということもあり、電源を入れてから立ち上がるまで6分くらいかかっているので、
何とか短縮すべく、Windows7へのアップグレードはしたのですが、
SSDに換装できるのであればやりたいです。

ブログでご紹介されているSSDはどこに行けば入手できるのでしょうか。
また接続はどう解決されたのですか?
またフラットケーブルも交換する必要があるのでしょうか。

コメントありがとうございます。

私が購入したのは、RunCore製のSSDで下記のURLから購入可能です。

http://www.data-gate.com/ssd/products/list.php?category_id=29

”RunCore Pro IV 1.8" 5mm PATA Zif SSD”の32GB/64GB/128GBが選択可能です。

フラットケーブルは交換不要で、VAIO P本体のケーブルに直接接続できます。
また、本製品を購入すると、USB2.0の外付けケースが付属しており、SSDには、HDDのイメージバックアップ用のソフトが入っています。
事前にSSDに入っているソフトをコピーした上で換装し、もともと入っていたHDDは外付けHDDに収めて使用することが出来ます。

ご丁寧なご回答ありがとうございました。
おしえていただいたURLからSSDも見つけることができました。

今回のVAIO PのHDDはもう無理かとあきらめていたのに、教えていただいたおかげで改善できそうです。
重ねてお礼申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/52018363

この記事へのトラックバック一覧です: SONY VAIO Type P VGN-P80H のHDD→SSD交換:

« WHR-G301Nが遅い? ~802.11nを有効にするには~ | トップページ | Windows2003(R2)にリモートデスクトップ接続するとブルースクリーン? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ