« 忘年会システム(?)の構築とコンテンツ作成 | トップページ | 「Windowsブート構成データ(BCD)ストアのファイルに無効な情報が含まれています」 »

2011年12月28日 (水)

Garmin EDGE800の購入・導入

自転車のトレーニングに科学的な要素を取り入れようと、Garmin EDGE800を購入・導入。

今回購入したのは、EDGE800台湾語版(の日本語化バージョン)。

Edge800box

電源を投入すると、まずは初期設定が走ります。

下記の順序で選択項目を決定していきます。

1.言語選択(日本語/English 選択)
2.位置フォーマット(緯度、経度表示形式の選択)
3.ユニット形式(メートル/フィート 選択)
4.時間表示(12時間/24時間 選択)
5.性別(男性/女性 選択)
6.年齢を入力
7.体重を入力
8.身長を入力
9.Select Your Activity Class
    (トレーニングの内容/頻度/時間 のレベルを選択)

  Garminactivityclass



10.ANT+心拍センサー(有効/無効)
11.ANT+スピード/ケイデンスセンサー(有効/無効)
12.ANT+パワーセンサー(有効/無効)

これで、初期設定は完了。

GPSログや心拍などが記録され、クラウド上のGarmin Connectにアップロードすると、Internet接続環境があれば、どこでも履歴を確認することができます。

便利な世の中になりましたね。

ちなみにファームウェアは、2.50でした(購入月:2011年12月)

Fwver250

« 忘年会システム(?)の構築とコンテンツ作成 | トップページ | 「Windowsブート構成データ(BCD)ストアのファイルに無効な情報が含まれています」 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/53593761

この記事へのトラックバック一覧です: Garmin EDGE800の購入・導入:

« 忘年会システム(?)の構築とコンテンツ作成 | トップページ | 「Windowsブート構成データ(BCD)ストアのファイルに無効な情報が含まれています」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ