« ESXi on ESXi を試してみる (ESXi5.0 on ESXi5.0) | トップページ | VMware Toolsのアップデートエラー とその対処方法 »

2012年4月10日 (火)

DDwinを試してみる ~ESXi の起動用USBメモリのバックアップとリストア~

ESXi5.0の起動用USBメモリの複製を行いたいと思い、手段・ツールを探したところ、
DD for Windowsというツールを見つけました。

略称は"DDwin"のようですが、同名の別のソフトがあるので注意が必要です。

今回、複製元となるUSBメモリは、2GBのもの。複製先は、8GBのものとなりました。

両方のメモリをWindows XPマシンに取り付け、ESXiの起動用メモリをクリックすると・・・

「フォーマットされていません」の警告が表示されました。

01nonformat

もちろん、フォーマットはせず、「いいえ」を押して作業を進めます。

まず、DDwinを起動し、対象ディスク(複製元USBメモリ)を選択します。

02diskselect

次に、ファイル選択ボタンを押して、複製元USBメモリの内容を書き出すファイル名を設定します。

03image

ファイル名の設定が終わったから、「読込」ボタンを押します。

05read

読込が完了するまでしばらく待ちます。
書き出されるファイルは、複製元のUSBメモリと同サイズになります(使用領域のサイズではありません)

06reading

読込が完了しました。

07readfinish

読込が完了したら、ディスク(USBメモリ)を選択して、読み込んだファイルを複製先USBメモリに書き込みます。

08select2

09write

イメージと書込先のサイズが異なると警告が表示されるようです。

10caution

書込作業をすすめます。

11kakunin_3


また、書込先のUSBメモリが4GBを超えている場合も警告が表示されるようです。


12kakunin2

書込みが完了するまでしばらく待ちます。

13writing


14finish

書き込みが完了したら、複製したUSBメモリでESXi5.0を起動します。

今回、私の環境では問題なく起動しました。

« ESXi on ESXi を試してみる (ESXi5.0 on ESXi5.0) | トップページ | VMware Toolsのアップデートエラー とその対処方法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/54441495

この記事へのトラックバック一覧です: DDwinを試してみる ~ESXi の起動用USBメモリのバックアップとリストア~:

« ESXi on ESXi を試してみる (ESXi5.0 on ESXi5.0) | トップページ | VMware Toolsのアップデートエラー とその対処方法 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ