« Windows Server 8 Beta (x64)をESXi5.0上で試してみる(その1) | トップページ | Windows Server 8 Beta (x64)をESXi5.0上で試してみる(その3) »

2012年4月14日 (土)

Windows Server 8 Beta (x64)をESXi5.0上で試してみる(その2)

ESXi5.0(パッチ未適用:ESXi, 5.0.0, 469512)へのWindows Server 8 Betaの導入に、
スタートでつまずいてしまったので、見つけた技術情報に従い、まずは、ESXi5.0への
パッチ適用からはじめます。

vSphere CLI(vSphere Remote Command Line)を使ったやり方も
あるようですが、今回は下記の手段で試してみます。

・パッチファイルの入手
・ESXi5.0のSSHの有効化
・SSH接続できるツールでコマンドの実行(WinSCP等)

あらかじめ、パッチファイルを入手し、vSphereクライアント等で、
ESXi5.0のデータストアにパッチをアップロードしておきます。

パッチの入手先はこちら(2012.4確認)
VMware Download Patches
http://www.vmware.com/patchmgr/download.portal

今回は、ESXi5.0update1(update-from-esxi5.0-5.0_update01.zip)を選択しました。
データストアへのアップロード方法は、ここでは省略します。

次に、ESXi5.0ホストのSSHの有効化です。
vSphere Clientにて、ESXi5.0に接続し、[構成]タブの「ソフトウェア」欄の「セキュリティプロファイル」をクリックしてから、「サービス」欄の[プロパティ]を押します。

00assh1_2

SSHの項目は、SSHが停止中の場合、下記のようになっています。

ラベル:SSH
デーモン:停止

[サービスのプロパティ]欄の[オプション]を押します。

00ssh2

目的に応じて、SSHの開始方法を選択して、ここで、SSHを開始させます。

00ssh3

SSH有効化後、WinSCP等で、SSH接続します。

パッチ適用前に、メンテナンスモードにしておきます(手順は省略)。

では、WinSCPで接続します。

01winscp

パスワードを入力します。

02winscp

WinSCPでは、上記パスをエクスプローラ的な操作で確認できると思います。

パッチの保存場所が確認できると思います。
データストア上にアップロードしていれば、パスは以下の通りです。
/vmfs/volumes/<データストア名>

02awinscp

私は、データストア(DataStore1)の下に、patchというフォルダを作成し、パッチファイルを保存しました。
( /vmfs/volumes/DataStore1/patch )

それでは、パッチの適用を開始するため、ターミナルを開きます。
WinSCPの[Commands]-[Open Terminal]を開きます。

注意を促すダイアログが表示されるかもしれませんが、そのまま[OK]を押して
作業をすすめます。
WinSCPで、パッチを保存したファイルを開いていた場合は、ターミナルを
開いた時に、カレントディレクトリになっているようです。

パスワードが求められたら、入力します。
02winscp_2

先ほど、WinSCPでパッチを保存したディレクトリにいた場合、”Enter command”の欄に、 "ls" と入力し、[Execute]ボタンを押すと、保存したパッチのファイル名(ここでは、”update-from-esxi5.0-5.0_update01.zip”)が表示されると思います。

03winscp

パッチの適用に、esxcliコマンドを使います。

esxcli software vibコマンドを使用する場合、VIB(VMware vSphere Installation Bundle)のインストールには
絶対パスを指定しなければいけないとのことです。
(vSphere 5.0 リリースノートに記載があります)

コマンドは下記のとおりです。
esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/<データストア名>/<フォルダ名>/パッチファイル名

例)下記の場合
・データストア名=DataStore1
・フォルダ名=patch
・パッチファイル名=update-from-esxi5.0-5.0_update01.zip

esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/DataStore1/patch/update-from-esxi5.0-5.0_update01.zip

コマンドの実行結果が返ってくるまでに、タイムアウトしてしまう場合があるかもしれません。

応答が返ってくれば、自動的に復帰するのでしばらく待ってください。

成功すると下記のようなメッセージが表示されます。

--------------------

Installation Result
   Message: Operation finished successfully.

--------------------

パッチの適用結果が成功したことを確認し、再起動要求がある場合は、再起動して下さい。

再起動をしたあとに、ビルド番号があがっていると思います。

今回のパッチで、”ESXi, 5.0.0, 623860”になりました。
04winscp

では、メンテナンスモードを終了して、失敗していたWindows Server 8 BetaのゲストOSのパワーオンを
してみます。

まずは、Loading files... のメッセージとバーが表示され・・・
05sv8a

お魚さんが登場。

05sv8b

そして、インストーラの初期メニューが表示されました。

05sv8c

【補足】

ESXi5.0にパッチを適用したら、ゲストOSの「設定の編集」の内容も更新されて

いました。

OSの種類として、”Windows8”および”Windows Server 8”が追加されていました。

30

また、ビデオカードの”3Dサポートを有効化”も「グレーアウト」の状態から、チェックが入れられるようになっています。

31

« Windows Server 8 Beta (x64)をESXi5.0上で試してみる(その1) | トップページ | Windows Server 8 Beta (x64)をESXi5.0上で試してみる(その3) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/54469542

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Server 8 Beta (x64)をESXi5.0上で試してみる(その2):

« Windows Server 8 Beta (x64)をESXi5.0上で試してみる(その1) | トップページ | Windows Server 8 Beta (x64)をESXi5.0上で試してみる(その3) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ