« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

ソーラー扇風機の導入 ~ AL COLLE ALF-300/W ~

今年も暑くなってきました。

節電をしながら暑い夏を乗り切るために、手っ取り早いのは「扇風機」

といっても、商用電源から電力をとっているのでは、意味がないと思い、導入したのが「ソーラー扇風機」

いわゆるバッテリ搭載型で、ソーラーパネルから充電ができ、数時間のバッテリ駆動ができるというもの。

お試しで入手したのが、AL COLLEの ALF-300/Wという製品です。

P1020724

寸法は、415(W) x 190(D) x 470(H)で、重量は約4.0kgです。

12インチのファンがついており、風力は3段階の切り替えが可能。

P1020726

上部には、LEDライトもついています。

P1020725

背面には、製品仕様が記載。

バッテリは、6V 5.0Ah が2発。

充電時間は、8~10時間。

P1020728_3

バッテリは、背面下部の左右に格納されています(左側のカバーを開けてみました)

P1020731_2

P1020730_2

充電時用のACアダプタおよびソーラーパネルの接続口には、充電用として、12~18Vと記載されています。

P1020729

ちなみに、ソーラーパネルの大きさは本体と比較してこれくらい。

P1020732


ソーラーパネルの仕様は背面に記載。

P1020733

どれくらいの出力かというと・・・

19.2V

P1020734

Input Voltageの範囲を超えているような・・・

ACアダプタの仕様はというと

15V 2.5Aでした。

P1020735

説明書によると、充電時間は、ACアダプタで6時間。ソーラーパネルで8時間になっています。

注意書きとして、40度以上の環境下での充電をしないこと、充電完了後はACアダプタを接続したまま放置しないことの記載があります。

風力は3段階の弱でも結構な風量があります。

まだ、連続稼働テストをしていませんが、この夏に、効果的に使っていきたいと思います。





2012年5月27日 (日)

DC-HA1 とアマレコTVでのトラブル事例

DC-HA1 とアマレコTVでのトラブル事例があったので、記録しておきます。

HDMIケーブルとして、”PLANEX ハイスピードHDMI Ver1.4ケーブル”を使用していたのですが、
Amazonのレビューを後から見ると、接触不良や断線の報告が多いようです。

今回、アマレコTVで、接続形式が、NTSC_Mではなく、PAL_Dになり、画像が表示されないように
なりました。

アマレコTVの設定や、DC-HA1のドライバなどを確認したのですが一向に改善せず、HDMIケーブルを
交換したら、一発で解消しました。

障害が発生したケーブルを、BDレコーダと液晶テレビの接続に使用してみたら、ケーブルのコネクタ付近を
曲げてみたら画像が映ったり、消えたりすることが確認できました。

安いものや細いHDMIケーブルを使用している場合は、高価なものや太いHDMIケーブルに交換してみることを
おすすめします。

2012年5月23日 (水)

エッグビーター SC をバラしてみる ~ Egg Beater ペダルの分解~

ゴールデンウィークのJ1 朽木 XCの試走にて、ペダルを破損しました。

破損部分は、ビンディングに関わるバネ部分。

重要なバネが折損してしまいました。

P1020703

下記は、正常なペダルとの比較

P1020704

このペダルをバラしてみようということで、まず、手をつける部分は、

先端の樹脂パーツ。

かなり大き目のマイナスドライバーで反時計回りにまわせば外れるのですが、

泥や土が、溝につまっているとおもうので、精密ドライバ等でまずは、ほじって

ください。

P1020706

それから、大き目のマイナスドライバーでグッと力を入れるとまわせます。

P1020707

まわせてしまえば、簡単に外れます。

P1020708

樹脂パーツを外すと、中に、8mmのナットがあります。

P1020709

ちょっと固めですが、ペダルの片側はアーレンキーを突っ込み、

8mmナット側も工具で固定して、グッとまわせばナットが外れます。

P1020710 

P1020711

ナットが外れるとスピンドル部分が抜けます。

P1020712

スピンドルを引き抜くと、樹脂パーツ側にあったベアリングを外せます。

P1020713

この後、スピンドルを抜き取った側にあるゴムシールのパーツを引き抜き、

内側からパイプ上のパーツを押し出すと、一気にバラけます。

P1020714

最後に、スピンドル側に入っていた樹脂パーツとゴムリングを取り去ると、

分解完了です。

P1020715

2012年5月18日 (金)

ダビング先機器がこの番組の録画品質に対応していないため、ダビングできません。

REGZAブルーレイの録画方式を「AVC」にして録画したものを”RECBOX”にダビングしようとしたところ、次のメッセージが表示され、ダビングできませんでした。




01_2


「ダビング先機器がこの番組の録画品質に対応していないため、ダビングできません。」

02

事前に行ったのは、録画方式の変更です。

「DR」から「AVC」に変更しました。

00a

00b

どうやら、”RECBOX”側のファームウェアが古いようで、更新をすればダビングに対応するようです。

”RECBOX”のファームウェアが、1.51から対応したようです。

[変更履歴]
現在のバージョン : 1.49

最新のバージョン : 1.52

バージョン : 1.52

1. スカパー!ダビングに対応

2. デジタルテレビ向けコンテ

ンツ操作画面の高速化

バージョン : 1.51

1. 日本ケーブルラボ「DLNA運用仕様(JLabs SPEC-020)」に対応

2. NTTドコモのケータイ「docomo STYLE series SH-03D」(シャープ製)で撮った動画・音声コンテンツのアップロードに対応

3. 東芝 <レグザ>X3、ZP3、Z3シリーズにて長時間モードで録画した番組のダビングに対応

4. コンテンツ操作画面でのリストの並べ替えに対応

5. フォルダ単位でのムーブに対応

6. スカパー!HD録画や、DTCP-IPコピーが中断したときにその時点までのコンテンツを残すように対応

まずは、RECBOXに、ブラウザでアクセスします。

ファームウェアは、1.49でした。

Recbox149

最新は、1.52(2012年5月18日現在)

それでは、ファームウェアを更新します。

Recbox151

更新後、無事、1.52になりました。

Recbox152


ファームウェア更新により、無事、ダビングができるようになりました。

03


2012年5月 4日 (金)

mAgicTV GTで、BDへのダビング中に予約録画の開始が想定されたら

mAgicTV GTで、BDへのダビング中に予約録画の開始が想定される場合、ダビングを続けるか、予約録画を取り消すか判断に迷う場合があると思います。

ダビングの中止は、再生できないメディアをつくってしまうことになりかねないし、予約録画の取り消しは、録画ができないことになります。

実機にて確認した限りでは、複数番組のダビング中で、丁度、ひとつの番組の書き込みが終了したところならば、中止しても、ダビングしたメディアに問題はないようです。

予約録画開始時間までに、すべてのダビングが間に合わないと思ったら、複数番組の合間の書き込み終了を見計らって、中止するのが良いようです(自己責任ですが)。

【注意】
ダビングを中止したところ、OSを再起動するまで、mAgicTVで、録画ファイルが再生できない現象が発生しました。
再起動後は問題なく再生できましたが、ちょっと不安ですね。

mAgicTV GTでダビングしたBDが、PowerDVD9で再生できない

mAgicTV GT Ver.5.09でBDにダビングしました。

BD再生ソフトは、CyberLink PowerDVD9で、BDドライブ(Pioneer BDR-206)に添付されていた製品です。

BDをドライブにセットしても、アクセスが少しあっただけで、再生ができないものがありました。

バージョン詳細は次の通りです。
⇒PowerDVD 9 Version 9.0.3226.52

更新ファイルを探したところ、2012.05.04現在、下記のパッチが見つかりました。
⇒Patch:CLI.OEM_RiTA_BD3D_v_DVD110915-02_Normal.exe

更新後のバージョンは下記のとおりです。
⇒PowerDVD 9 Version 9.0.4521.52

上記のバージョンで、冒頭の再生できないメディアも再生できるようになりました。

2012年5月 3日 (木)

ESXi5.0のパッチ適用をコマンドラインで実行してみる

まずは、VMware vSphere CLI をダウンロード、インストールしてきます。
インストールフォルダは、デフォルトでは下記のとおり。

C:\Program Files\VMware\VMware vSphere CLI\bin>

まずは、ESXiホストの状態の確認や制御コマンドを確認しておきます。


vicfg-hostops.pl --server <ESXi Server IPアドレス> --operation <値>

<値>
enter  :メンテナンスモードへの切り替え
exit     :メンテナンスモードの終了
reboot :再起動
shutdown :シャットダウン
info :情報の表示

[情報の表示例]
Host Name : <ホスト名>
Manufacturer : <ハードウェアメーカー名>
Model   : <型番>
Processor Type : <CPU型式:例→Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU Q6600 @ 2.40GHz>
CPU Cores : <CPUコア数:例→4 CPUs x 2400 GHz>
Memory Capacity : <メモリ搭載量:例→8190.11328125 MB>
VMotion Enabled : VMotion有効→yes/no
In Maintenance Mode : メンテナンスモードか?→yes/no
Last Boot Time : 最終起動時間


次にパッチの適用コマンドです。
適用するパッチは、あらかじめデータストアに、vSphereクライアントでアップロードしておきます。

下記の例では、"DataStore1"というデータストアの"patch"というフォルダに保存した"~.zip"パッチファイルを適用します。

esxcli.exe --server <ESXi Server IPアドレス> software vib update -d "[DataStore1]/patch/update-from-esxi5.0-5.0_update01.zip"

結果は下記のように表示されます。
”Reboot Require"が"True"の場合、ESXiホストを再起動します。

Installation Result
Message: The update completed successfully, but the system needs to be reboot
ed for the changes to be effective.
Reboot Required: true
VIBs Installed: <適用したパッチ名 一覧>


再起動後、メンテナンスモードを終了します。

2012年5月 2日 (水)

Shuttle SX48P2E で"Virtualization Technology"が設定できない

Shuttle製のベアボーンPC「SX48P2E」に、Intel VTが利用可能な”Core2Quad Q6600"を使用しているのに、BIOSで"Virtualization Technology"が設定できないことに気づきました。

BIOSは、最新の”SX48SE06.BIN"です。

shuttle社の対応CPUに、Q6600は掲載されているし、BIOSレベルも、SX48SE02.BINから対応しているようです(2012.05.02現在)

SX48P2E CPU Support List

http://global.shuttle.com/products/productsSupportList?productId=1095

一旦、BIOSをSX48SE02に下げてみようとして、まずは、ブート可能USBメモリを作成。

ツールとして、HP USB Disk Storage Format Toolを使用。

config.sysには、himem.sysのみ、EMM386.EXEはremに。

awdflash.exeで、SX48SE02にダウングレードして、BIOSを確認。

結果、"Virtualization Technology"は設定可能。

再度、SX48SE06にすると、設定不可。

SX48SE05にすると、設定可。

とりあえず、SX48SE05で稼動させてみます。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ