« mAgicTV GTで、BDへのダビング中に予約録画の開始が想定されたら | トップページ | エッグビーター SC をバラしてみる ~ Egg Beater ペダルの分解~ »

2012年5月18日 (金)

ダビング先機器がこの番組の録画品質に対応していないため、ダビングできません。

REGZAブルーレイの録画方式を「AVC」にして録画したものを”RECBOX”にダビングしようとしたところ、次のメッセージが表示され、ダビングできませんでした。




01_2


「ダビング先機器がこの番組の録画品質に対応していないため、ダビングできません。」

02

事前に行ったのは、録画方式の変更です。

「DR」から「AVC」に変更しました。

00a

00b

どうやら、”RECBOX”側のファームウェアが古いようで、更新をすればダビングに対応するようです。

”RECBOX”のファームウェアが、1.51から対応したようです。

[変更履歴]
現在のバージョン : 1.49

最新のバージョン : 1.52

バージョン : 1.52

1. スカパー!ダビングに対応

2. デジタルテレビ向けコンテ

ンツ操作画面の高速化

バージョン : 1.51

1. 日本ケーブルラボ「DLNA運用仕様(JLabs SPEC-020)」に対応

2. NTTドコモのケータイ「docomo STYLE series SH-03D」(シャープ製)で撮った動画・音声コンテンツのアップロードに対応

3. 東芝 <レグザ>X3、ZP3、Z3シリーズにて長時間モードで録画した番組のダビングに対応

4. コンテンツ操作画面でのリストの並べ替えに対応

5. フォルダ単位でのムーブに対応

6. スカパー!HD録画や、DTCP-IPコピーが中断したときにその時点までのコンテンツを残すように対応

まずは、RECBOXに、ブラウザでアクセスします。

ファームウェアは、1.49でした。

Recbox149

最新は、1.52(2012年5月18日現在)

それでは、ファームウェアを更新します。

Recbox151

更新後、無事、1.52になりました。

Recbox152


ファームウェア更新により、無事、ダビングができるようになりました。

03


« mAgicTV GTで、BDへのダビング中に予約録画の開始が想定されたら | トップページ | エッグビーター SC をバラしてみる ~ Egg Beater ペダルの分解~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/54736459

この記事へのトラックバック一覧です: ダビング先機器がこの番組の録画品質に対応していないため、ダビングできません。:

« mAgicTV GTで、BDへのダビング中に予約録画の開始が想定されたら | トップページ | エッグビーター SC をバラしてみる ~ Egg Beater ペダルの分解~ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ