« ESXi on ESXi の環境で、64bit OSをゲストOSで動かす | トップページ | ESXi5.0のパッチ適用をコマンドラインで実行してみる »

2012年5月 2日 (水)

Shuttle SX48P2E で"Virtualization Technology"が設定できない

Shuttle製のベアボーンPC「SX48P2E」に、Intel VTが利用可能な”Core2Quad Q6600"を使用しているのに、BIOSで"Virtualization Technology"が設定できないことに気づきました。

BIOSは、最新の”SX48SE06.BIN"です。

shuttle社の対応CPUに、Q6600は掲載されているし、BIOSレベルも、SX48SE02.BINから対応しているようです(2012.05.02現在)

SX48P2E CPU Support List

http://global.shuttle.com/products/productsSupportList?productId=1095

一旦、BIOSをSX48SE02に下げてみようとして、まずは、ブート可能USBメモリを作成。

ツールとして、HP USB Disk Storage Format Toolを使用。

config.sysには、himem.sysのみ、EMM386.EXEはremに。

awdflash.exeで、SX48SE02にダウングレードして、BIOSを確認。

結果、"Virtualization Technology"は設定可能。

再度、SX48SE06にすると、設定不可。

SX48SE05にすると、設定可。

とりあえず、SX48SE05で稼動させてみます。

« ESXi on ESXi の環境で、64bit OSをゲストOSで動かす | トップページ | ESXi5.0のパッチ適用をコマンドラインで実行してみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/54616043

この記事へのトラックバック一覧です: Shuttle SX48P2E で"Virtualization Technology"が設定できない:

« ESXi on ESXi の環境で、64bit OSをゲストOSで動かす | トップページ | ESXi5.0のパッチ適用をコマンドラインで実行してみる »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ