« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年8月

2012年8月17日 (金)

DMC-TZ20の分解 ~撮影素子についたゴミの除去~

まずは、決まり文句ですが、機器の分解等は自己責任で!

今回の内容は、コンデジの分解・清掃です。

私が所有しているコンパクトデジカメは、PanasonicのDMC-TZ20。

高倍率ズームのデジカメで、GPS内蔵。動画撮影もそこそこの画質で可能。

そんな高機能なデジカメです。

バッテリーの持ちは、かなり悪く、動画撮影時は満充電でも30分持つかどうか。

とはいえ、便利なので、どこへ行くのにも持ち歩いているコンデジです。

最近になって、撮影画像に大きな影が入ることに気づきました。

(下記の画像の飛行機の機首上部にある”へ”の字状の薄暗い部分です)

P1050016

液晶モニターでも確認できるほどの影です。

レンズを拭いても改善しないことから、レンズ内部か、はたまた撮影素子か…

と推測しました。

保証期間内なら無償修理でいけると思うのですが、約半年前に期限切れ。

ならば、自己責任で・・・

ということで、ちらっと情報を調べて分解してみることにしました。

どうやら、左右の側面のねじ2x2本と、底面、3本をはずせば、よさそうです。

で、さっそく精密ドライバにて、ねじを外すことに・・・

Dsc_3999_6

ねじを外すと、側面カバーが外せます。

Dsc_4000_2 

Dsc_4001_2

デジカメの背面カバーを外すため、前後方向にゆっくりと、背面カバーをずらします。

これで、背面カバーを外せます。

背面カバーに配線はありません。

液晶の枠部分に薄い両面(?)テープがあるくらいです。

ここは、外す際に、ちぎれる可能性がありますが、妥協しないといけないかも。

Dsc_4002_2

液晶パネルは、爪がかかっている部分をひきあげれば、すぐに外せます。

フラットケーブルに注意は必要ですが、特に外す必要もないでしょう。

次に、内部カバーを外します。

ねじが3か所あるので、注意して外します。

Dsc_4003_2

内部カバーを外せたら、いよいよ撮影素子の取り外しです。

3本のねじを外します。

Dsc_4004_3

予想通り、撮影素子の中央にちいさなホコリを発見しました。

Dsc_4006

ホコリをクリーニングキットで除去し、あとは逆の手順で組み立てて、完了です。





2012年8月 3日 (金)

大容量のモバイルバッテリの入手 ~10000mAh 「MOVE-POWER」~

”10000mAh 超大容量充電器 「MOVE-POWER」”なるものを入手しました。

Movepower_4

INPUTは、DC5V-1000mA

OUTPUTは、DC5V-2000mA

容量は、10000mAhです。重量は280g。けっこう、ずっしりとしています。

大きさは、2.5インチの外付けHDDケースくらいです。

本体は、電源の入出力のほか、電源/残量確認ボタンと、残量確認インジケータがあるのみで、至ってシンプル。

充電完了時間は、説明書には、10~15時間と記載されています(長っ!)。

注意点としては、充電するときはMOVE-POWER自身の電源を落とすこと。

また、4つある残量確認インジケーターは、1点灯あたり25%を表しています。

これだけの容量があると、稼働時間の短いスマホの電源/充電用にも

よさそうです。

« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ