« ルートラボのルートデータ(TCX)をGARMIN800に取り込む | トップページ | vCenterのアラート「ドメイン信頼の健全性のチェック中にエラーが発生しました:エラーコード:1717」 »

2013年1月 8日 (火)

ASUS K53E の画面が明るすぎる(明度設定が再起動後にクリアされる)件の解消

購入直後、メモリエラーで即サポートセンター送りでマザーボード交換となった私のASUS K53E。

戻ってきた後にずーっと気になっていたのが、液晶画面の明るさ。

とにかく、まぶしいというか、コントラストがおかしく、白っぽい。

タスクトレイにあるIntelのグラフィック調整ユーティリティの色調整で明るさを暗くしても、再起動後には、元の明るい状態に戻ってしまうといった現象にずっと悩まされていました。

ちょっと調べてみたら、同様の現象の報告があり、もっとも簡単な解消方法は、msconfigにて、スタートアップの項目の”Intel(R) Common User Inteface”をすべて無効にすることらしい。

明るさの設定をして保存しても、再起動後に反映されていないところをみると、原因はIntelのグラフィックユーティリティにあるというのはうなずける話。

さっそく、msconfigを起動して、該当の項目を無効にして再起動したところ、確かに解消されました。

Intelcu

[2013.01.13追記]

解消されたと思っていたのですが、どうやら別のところに原因がありそうで、調べていたら、ASUSのユーティリティが原因でした。

ユーティリティ名は「Splendid Utility」

Splendid

インストールフォルダは「C:\Program Files (x86)\ASUS\Splendid\」

とりあえず、"Splendid"のフォルダ名を変更して再起動し、画面の明るさに変化がないか試してみたところ、今度は大丈夫そうです。

前述のIntelのユーテリティ設定を元に戻し、今度は設定情報が再起動後も反映されるか試したところ、変更した設定が保持されることが確認できました。

« ルートラボのルートデータ(TCX)をGARMIN800に取り込む | トップページ | vCenterのアラート「ドメイン信頼の健全性のチェック中にエラーが発生しました:エラーコード:1717」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/56499427

この記事へのトラックバック一覧です: ASUS K53E の画面が明るすぎる(明度設定が再起動後にクリアされる)件の解消:

« ルートラボのルートデータ(TCX)をGARMIN800に取り込む | トップページ | vCenterのアラート「ドメイン信頼の健全性のチェック中にエラーが発生しました:エラーコード:1717」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ