« RICOH THETA Sのシャッター音をPowerShellで設定するスクリプト | トップページ | 雲竜渓谷 ~2016年1月23日 (SAT)~ »

2015年10月29日 (木)

RICOH THETA S のライブストリーミングモード(USB接続)のテスト

RICOH THETA S のライブストリーミングモード(USB接続)をテストしてみました。

ライブストリーミングモードって、つまり、USB接続のWebカメラ的な位置づけですよね。

ってことで、ビデオキャプチャができるソフトウェアで試してみました。

まず、CyberLink社のPowerDirector 10および12で試してみました。
ところが、ビデオデバイスとしてドロップダウンリストには表示されるものの、選択してもキャプチャ映像が映ることはありませんでした。

次に、ツイキャスのホームページをIE11で開き、ライブ配信のテストを行おうとしましたが、こちらでも映像は表示されませんでした。しかし、設定をいろいろいじっていたら、ツイキャスでも映像表示が可能になりました。

また、ustreamでも映像表示が可能になりました。
映像は各魚眼レンズの映像が、画面の左右に表示される形式です。

では、ビデオキャプチャのフリーソフトはどうかということで、hunuaaCap 2.5.6.3を使用してみたところ、起動と同時に映像が表示されました。
映像は各魚眼レンズの映像が、画面の左右に表示される形式です。

あれ?と思ったのが、映像の向き。
THETAの形状から、THETAを立てて使用するものだと思っていたのですが、hunuaaCapでは、THETAを横向きに設置して利用するような形式でした。

実際には、電源ボタン側を下にして、横向きにTHETAを設置します。

Hunuaacap_2

この置き方で表示される映像は下記のようになります。

Hunuaacap_1

電源ボタン側を下にして設置した場合で、シャッターボタンがある側が、上記写真の左側の映像。シャッターボタンのない側が写真の右側の映像になります。

Media Player Classicでも同様の表示でした。

取り急ぎ、確認の結果の報告でした。

« RICOH THETA Sのシャッター音をPowerShellで設定するスクリプト | トップページ | 雲竜渓谷 ~2016年1月23日 (SAT)~ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568191/62568993

この記事へのトラックバック一覧です: RICOH THETA S のライブストリーミングモード(USB接続)のテスト:

« RICOH THETA Sのシャッター音をPowerShellで設定するスクリプト | トップページ | 雲竜渓谷 ~2016年1月23日 (SAT)~ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ