« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月20日 (水)

LENOVO YOGA TABLET 2 WITH WINDOWSの活用

バッテリ稼働時間の長いWindows機がほしいと考えが浮かんだのが、ほんの数日前。

以前から、ノートPCやモバイル端末の最優先項目はバッテリ稼働時間だと考えており、今回はさらに、コンセントがなくても”充電ができること”を条件に追加してみました。

この追加項目・条件はなかなか厳しく、選択肢は一気に減りました。

この条件をクリアするには、USB端子からの充電が基本となる感じです。

そうなると、タブレット機や2in1機に絞られる感じ。

ASUS X205TAが独自の電源端子でなく、USB端子による充電だったら、一気に問題解決なのですが、調査を続けてみると、ASUSだと、2in1機のTransBook T100TAが候補。

もうひとつの候補が今回のタイトルにもなっているLenovoのYOGA Pad2(1051Fまたは1051L)。

ちなみに今回の条件をまとめてみると...

1.バッテリ駆動時間10時

間以上(とりあえず、カタログ値で)

2.重量は1㎏以下を希望

3.画面サイズは10インチ程度

4.解像度は1920x1080以上を希望

5.性能はフルHDのMP4動画が再生できる程度

6.SDカードが読めること(USBホストケーブル経由でも可)

7.キーボード、タッチパッドが使えること

8.電源端子がUSBか汎用的なものでモバイルバッテリから充電できること

できれば、SIMフリー機だとか、日本語入力の変換にファンクションキーが使えることなどがあるのですが、これは後述。

で、YOGA Pad2なのですが、上記の1から8までをクリアするモデルがあり(1051L)。

唯一の欠点が、ファンクションキーが、Fnキーとの併用になってしまうこと。

とりあえず、そこには目をつぶって、レポート。

まずは、YOGA Pad2のバックアップを取得したかったので、USBホストケーブルを本体に接続してから、8GBのUSBメモリを接続。

まずは回復メディアの作成です。

1461080187992.jpg

Windowsのコントロールパネルから、”回復”を選択します。

R001_2

次に”回復ドライブの作成”を選択。

R002

”回復ドライブの作成”にて、”回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします”にチェックをいれて、次へ。

R003



使用可能なドライブとして、接続したUSBメモリが表示されました。
R004

ここが最重要ポイントです。
セットしたUSBメモリの内容がすべて削除されますのでご注意ください。

問題なければ「作成」で先にすすみます。
R005

進捗状況が表示されます。
R006

R007

R008


進捗が最後まですすめば、回復ドライブの作成完了。
”回復パーティションを削除します”をクリックすれば、ディスクの空き容量の確保も可能なようです。とりあえずは、「完了」を押して、作業を終えました。
R009

YOGA Pad2のACアダプターをみると、出力は、5.2V/2.0Aのようです。

1461083539613.jpg

我が家の、容量20000mAhのモバイルバッテリの出力5V/2.1Aで、OS上で電源供給・充電状態になることを確認しました。


1461187351290.jpg

2016年4月13日 (水)

ASUS X205TAのリカバリー領域のバックアップ~ASUS BackTracker~

マシンパワーは不要で、バッテリー持続時間とキーボードが必要で安価なノートPCとなると、機種選定の最有力候補となるASUSのX205TA。

以前から使用していましたが、あらためてBIOS更新をして、そういえばリカバリー領域のバックアップがまだだったなと思い出し、ASUS BackTrackerをダウンロードして、リカバリーイメージのバックアップを行いました。

事前に用意すべきは、消去して構わない5GB以上のUSBメモリです。
今回は、8GBのUSBメモリを用意しました。
ASUSのサポートサイトからBackTrackerをダウンロードし、インストールし、実行します。
A001
「工場出荷時のリカバリーイメージをバックアップ」を選択して「スタート」を押します。
A002
空き領域が5GB以上あるUSBストレージをセットするように要求されます。
A003
USBメモリをセットしたら、正しくセットされたか、表示を確認します。
A004
注意画面が表示されます。
1.USBメモリの内容が消去されること
2.電源に接続されていること
上記2点を作業前に確認します。
確認後、スタートボタンを押します。
A005
イメージの作成がはじまります。
A006
イメージの作成が完了したら、USBメモリを取り外し、保管します。
A007

2016年4月12日 (火)

リップヴァンウィンクルの花嫁のロケ地・撮影地~横浜エリア~

リップヴァンウィンクルの花嫁のロケ地・撮影地めぐりを地味にすすめています。

今回は、横浜エリア。
赤レンガ倉庫あたりもスクリーンに映っていましたが今回はちょっと離れた場所です。
場所は横浜駅と反町駅の中間あたり。
”東横フラワー緑道”と呼ばれるあたりです。
Rip3i2
タクシーに乗る・乗せた場所ですね。
Rip3i
そして、ここからあたりを見回すと、赤い鳥居が眼に入るのですが...。
Rip3h2
そこの階段も撮影場所です。
Rip3h
金刀比羅宮のノボリが目印ですね。

2016年4月10日 (日)

リップヴァンウィンクルの花嫁のロケ地・撮影地~川崎エリア~

引き続き、リップヴァンウィンクルの花嫁の撮影地を探しては見て回ってきました。
今回は、川崎エリアです。

映画のパンフレットには、”プロダクションノート”というページがあり、何日に、どのシーンをどこで撮影したかが掲載されています。
と、いっても、”都内某所”的な表現にとどめてあり、せいぜい”線路沿いの道”といった記載しかありません。

なので、撮影地を探すとなると、特徴的な建物や看板と、どこかでみた記憶がたよりになります。
さて、映画のパンフレットにある”線路沿いの道”がひとつのキーワードになるわけですが、”線路沿いの道”はかなりの数になると思われます。
前後のシーンからあたりをつけていくと、鉄道と思われるガード下や、煙突などの風景から、なんとなく工業地帯かなという考えがうかびます。
ちなみに、パンフレットには、ガード下とおもわれる写真があり、それがおそらく、下記の写真の場所になると思います。
Rip3g_2
この場所をみつける手掛かりになったのが、1枚の看板でした。
写真中央の白い看板です。
ここに書かれた店舗の名前がヒントになりました。
Rip3a
ここがわかると、この場所の背後も撮影場所だと気づきました。
Rip3c
そうなると、線路沿いの道は、このそばではないか..とか、記憶に残る給水塔や煙突がうかびあがってきます。
地図をみながら探し続けると....
Rip3d
みつけました。”線路沿いの道”
Rip3e
ここにくると、自然と煙突なども目に入ってきます。
Rip3f
たどりつくには、行きづらい場所でしたが、映画にはでてこない景色にも、気になるものがいろいろあるエリアでした。
Rip3gai
ロケ地・撮影地めぐり。 #リップヴァンウィンクルの花嫁 あれ?ここはどこ? #RICOH #THETA #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
ロケ地・撮影地めぐり。 #リップヴァンウィンクルの花嫁 線路沿いの道をさまよってきました。 #RICOH #THETA #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

2016年4月 5日 (火)

リップヴァンウィンクルの花嫁のロケ地・撮影地~蒲田~

リップヴァンウィンクルの花嫁を観て、撮影地が身近な場所であることに気づきました。 平日は仕事帰りのため、夕方過ぎの暗くなりかけになってしまいますが、少し寄り道して眺めるには良い感じです。 昨日は、利用駅を数駅通りこして蒲田まで行ってきました。 JR蒲田駅からは、ちらっとみえるユザワヤが。 1459827422607.jpg また、改札をでて、階段を降りると、すぐに、ホテル手前の風景。西蒲田8丁目付近。 1459827424467.jpg 1459827425980.jpg そして、もちろん、あのホテルも。 1459827427716.jpg

2016年4月 2日 (土)

「リップヴァンウィンクルの花嫁」を見てきました。ロケ地・撮影地:五反田付近

岩手県から東京へ戻ってきて、新年度4月1日からお仕事。

1日ということもあって、映画が1000円の日。
公開前から気になっていた「リップヴァンウィンクルの花嫁」をみようと、お昼休みにネットを検索して、仕事帰りの帰宅途中でも観に行ける品川のシアターを選択。

空き座席をみると、かなり少なく、満席の様子。
さて、この「リップヴァンウィンクルの花嫁」ですが、”serial edition”と称した全6話構成のエディションもBSスカパーで放送中(2016年4月1日の段階では2話まで放送)。
公開中はネタバレしないように、画面に映る記憶にある場面をちらっと紹介。
まずは、こちらのコンビニ。
12670696_987420774671987_3135664201
”スリーエフ 品川ソニー通り店”
映画を観た帰りに、品川から五反田へ。
歩いていける距離なのでコンビニの前を通ってきました。
店の前のコーヒーの看板も置いてありました。
コンビニから五反田方向へ歩いていくと、ホテルがあります。
12924464_987420764671988_3596246682
そのほかにも見覚えがある場所がありましたが、それはまたの機会に...。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ