« 2016年9月 | トップページ

2017年6月

2017年6月20日 (火)

Lenovo YOGABOOK リアルペンの互換 替え芯 ~替え芯 赤、青、緑~

Lenovo YOGABOOK のリアルペンのボールペン替え芯の続報です。
赤、青、緑の替え芯も使えました。

赤の替え芯を使ってみました。
もちろん、画面側は黒です。

1497962172341.jpg

2017年6月18日 (日)

Lenovo YOGABOOK リアルペンの互換 替え芯

LenovoのYOGABOOK (Android版)の手書き文字の書き具合秀逸!
という情報をもとにいろいろ調べてみました。

一点、気になったのが、専用の「リアルペン」の値段が高いことと、互換となる代替のボールペンの替え芯がみあたらないということでした。

このリアルペンですが、本体部と、替え芯の組み合わせでできております。
ちなみに、リアルペン本体(グリップ部分)のみでは、文字は書けませんし、手書き入力も空中で書けてしまい、使い物になりません。
一方、替え芯のみでは手書き入力は出来ず、文字を書く際も2ミリほどの細さと、68ミリほどの長さではとてもつらいです。

このリアルペン本体(グリップ部分)に替え芯をセットすると、YOGABOOKにのせたノートに対し、文字を書き、手書き入力が可能になります。

リアルペン本体(グリップ部分)に、他社製の替え芯をセットしても、正常に動作せず、空中で書けてしまい仕えないようです。

純正の替え芯からは下記の情報が読み取れます。
「MiniStar ISO-12757-2 DOC SWISS TC F」

今回ためしたのが
「SCHMIDT-MINE 635 M
mit Stahisplize ISO 12757-2D M」

シュミット Schmidtボールペン 替え芯 リフィール 文字サイズ:M インク色:ブラック 635 M
SC-REF635M-BK

この替え芯。
リアルペンで使えるのですが、前提条件があります。
それは、“リアルペンに、浅くセットすること”

リアルペンに奥までグッとセットすると、空中でも書けてしまう困ったペンになってしまうのですが、浅くセットすると、純正品と同じように書けます!

価格は2017年6月現在、1本162円で販売されているのを確認しています。

ちなみに、紙に描かれる線は、純正品よりもやや太めです。

1497729968049.jpg

1497729968393.jpg

1497729968753.jpg

1497729969042.jpg

« 2016年9月 | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ