« ハードウェアRAID(MegaRAID)を利用した機器設定の複製(後編) | トップページ | BDドライブのファームウェアアップデート ~BDR-206JDK~ »

2011年3月 2日 (水)

HTC Aria の補助バッテリ ~eneloop stick booster~

HTC Ariaを使用しはじめて、いかんともしがたいのがバッテリの稼働時間の短さ。

購入時の初期設定のままで使用すると、あっという間にバッテリ切れ。

いろいろ設定すべきところはあるのですが、とりあえず、補助バッテリが欲しくなり、物色。

実はすでに補助バッテリとなりうるものは持っているのですが、Aria用のUSBケーブルの購入も検討していたので、今回はタイトルの「eneloop stick booster」を購入。

Imag0073

ちょうど、ポイントカードのポイントもたまっていましたし。

さて、購入した製品の型番は「KBC-D1BS」。単3型eneloopが2個付属しています。

また、この製品の良いところは、マイクロUSB用アタッチメントが付いているところです。

Imag0074

mini-B端子をMicro-B端子に変換するアタッチメント(アダプタ)です。

これのおかげで、mini-B端子、Micro-B端子に対応できます。

製品パッケージには、iPhoneやiPod、XPERIAへの対応のシールが貼られています。

充電量の目安は、約50%と記載されています。

フル充電はできないようですが、出力時間の目安は90分ということで、まぁ緊急時のバッテリにはなってくれるでしょう。

欠点は、この製品に充電機能がないところ。

デザイン的にシンプル/スマートな分、仕方がないことですかね。

<追記>

この製品の付属ケーブルだと、50%までしか充電されない??

この製品の付属ケーブルだと、一瞬、充電中と表示されるときもあるけれど、どうも充電してくれていないようです。

Aria同梱のケーブルに変えると充電してくれます。やっぱり50%までみたいです。

充電ケーブルが必要ならば、別途購入ですね。

結局、eneloop自体の充電も必要だし、以前から持っている”KBC-E1”の方が使い勝手がいいかも・・・

« ハードウェアRAID(MegaRAID)を利用した機器設定の複製(後編) | トップページ | BDドライブのファームウェアアップデート ~BDR-206JDK~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HTC Aria の補助バッテリ ~eneloop stick booster~:

« ハードウェアRAID(MegaRAID)を利用した機器設定の複製(後編) | トップページ | BDドライブのファームウェアアップデート ~BDR-206JDK~ »

Google Adsense

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ