« ダビング先機器がこの番組の録画品質に対応していないため、ダビングできません。 | トップページ | DC-HA1 とアマレコTVでのトラブル事例 »

2012年5月23日 (水)

エッグビーター SC をバラしてみる ~ Egg Beater ペダルの分解~

ゴールデンウィークのJ1 朽木 XCの試走にて、ペダルを破損しました。

破損部分は、ビンディングに関わるバネ部分。

重要なバネが折損してしまいました。

P1020703

下記は、正常なペダルとの比較

P1020704

このペダルをバラしてみようということで、まず、手をつける部分は、

先端の樹脂パーツ。

かなり大き目のマイナスドライバーで反時計回りにまわせば外れるのですが、

泥や土が、溝につまっているとおもうので、精密ドライバ等でまずは、ほじって

ください。

P1020706

それから、大き目のマイナスドライバーでグッと力を入れるとまわせます。

P1020707

まわせてしまえば、簡単に外れます。

P1020708

樹脂パーツを外すと、中に、8mmのナットがあります。

P1020709

ちょっと固めですが、ペダルの片側はアーレンキーを突っ込み、

8mmナット側も工具で固定して、グッとまわせばナットが外れます。

P1020710 

P1020711

ナットが外れるとスピンドル部分が抜けます。

P1020712

スピンドルを引き抜くと、樹脂パーツ側にあったベアリングを外せます。

P1020713

この後、スピンドルを抜き取った側にあるゴムシールのパーツを引き抜き、

内側からパイプ上のパーツを押し出すと、一気にバラけます。

P1020714

最後に、スピンドル側に入っていた樹脂パーツとゴムリングを取り去ると、

分解完了です。

P1020715

« ダビング先機器がこの番組の録画品質に対応していないため、ダビングできません。 | トップページ | DC-HA1 とアマレコTVでのトラブル事例 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッグビーター SC をバラしてみる ~ Egg Beater ペダルの分解~:

« ダビング先機器がこの番組の録画品質に対応していないため、ダビングできません。 | トップページ | DC-HA1 とアマレコTVでのトラブル事例 »

Google Adsense

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ