« DMC-TZ20 (Panasonic Lumix)の分解 ~撮影素子についたゴミの除去~ | トップページ | ルートラボのルートデータ(TCX)をGARMIN800に取り込む »

2013年1月 4日 (金)

XenDesktop 5.6 ExpressをESXi5.0でvCenter無しで試してみる

デスクトップ仮想化を自宅の検証環境で試した際の覚書です。

いくつかある注意点に絞って、記載します。
【検証環境】
HP ProLiant ML115G5改 + ESXi5.0
【ゲストOS】
1.ActiveDirectoryドメインコントローラ
  Windows Server 2008 R2 SP1
2.XenDesktop 5.6 DDC
  Windows Server 2008 R2 (SP未適用である必要があります)
3.WindowsXP Professional 1号機
4.WindowsXP Professional 2号機
【検証の流れ ~準備~】
1.各ゲストOSをインストールする
2.OSのファイアウォールを無効にする
3.IPアドレスを設定し、PING応答を確認する
4.ADを構成する。DNSも逆引きも含めて構成しておく
5.XenDesktop用のOUを作成する(作成しないときは要修正?)
6.ADにゲストOSをドメイン参加させる
7.各ゲストOSで、FQDNによるPING応答を確認する
  (ファイアウォールの無効化と、DNSの設定を確認する)
8.XenDesktop 5.6 DDCのインストール
  →システム要件に必要なコンポーネントは導入される
【XenDesktoの設定 ~Desktop Studio~】
1.”簡易展開”ではなく、デスクトップ展開”を選択する
2.[サイト]-[データベース構成]
  →アカウントの入力時、DDCのローカル管理者情報を入力する
3.ホストの設定
 ・ホストの種類:VMware virtualization
 ・アドレス: http://<ESXi5.0のアドレス>/sdk
 ・ユーザ名、パスワードを入力
※事前に、ESXi5.0の修正が必要です。
 もっとも簡単な方法は、ESXi上でhttp接続可能なようにすることです。
 修正箇所は、 /etc/vmware/hostd/proxy.xml の中にあります。
 修正するのは、"<serverNamespace>/sdk"があるセクションです。
 <accessMode>の、"httpsWithRedirect"を"httpAndHttps"に修正します。
なお、修正に当たっては、sshクライアントが必要で、ESXi側でも、ssh接続を有効にする必要があります。
ESXi側でssh接続を有効にするには、vSphereクライアントにて、ESXiホストの[構成]の[ソフトウェア]-[セキュリティプロファイル]にて、[サービス]の項目にある”SSH”を開始させます。
または、ESXiのローカルコンソールにて、<F2>キーを押して、"Troubleshooting Options"にある"Enable SSH"を有効にすることです。
SSH接続を有効にしたら、sshクライアントにて接続し、vi等で、proxy.xmlを修正します。
修正後、ESXiのローカルコンソールにて、<F2>キーを押して、"Troubleshooting Options"にある"Restart Management Agents"を実行します。
【VDAをインストールしたVMが、状況=非登録のまま使用できない場合】
下記のレジストリキーおよび、値が設定されているか確認する
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\VirtualDesktopAgentの
ListOfDDCs (文字列値)に、DDCのFQDNが設定されているか確認する。
【参考】
CITRIX VMware ESXi + XenDesktopで始めるデスクトップ仮想化入門
XenDesktop Error: The hosting infrastructure could not be reached at the specified address
ESX および ESXi のマネジメント エージェントの再起動について
V12n (Virtualization): 仮想化技術情報
Archive: Active Directoryの組織単位(OU)なしでXenDesktopが正常に機能するように設定する方法

« DMC-TZ20 (Panasonic Lumix)の分解 ~撮影素子についたゴミの除去~ | トップページ | ルートラボのルートデータ(TCX)をGARMIN800に取り込む »

コメント

この記事を参考にさせていただき、ESXi5.0とXendesktop5.6で稼働させることができました。
ESXi5.5とXendesktop5.6だと、「ハイパーバイザーに接続できません。・・・CTX13512」となってしまいます。
ESXi5.0と5.5では、何かが違うのでしょうか?

同じ個所を変えても同じだったもので。。。。

何を確認したらよいのかも、思い浮かばないもので、コメントさせていただきました。

ナレッジの番号は、CTX131512でしょうか?

他の方の技術情報ですが、こちらは参考になりませんか?

「vSphere 5.1ベースでXenDesktop 5.6を動かす」
http://d.hatena.ne.jp/ytooyama/20130710/1373384401

追記、ありがとうございます!!

ご指摘のページを確認し、同様にやってみましたがダメでした。
CTX131512です。

vCenterServerなしで構成仕様と考えているのですが、ダメでした。
現象変わらずです。

>debring様

コメントありがとうございます。

証明書のインストール周りの作業をされているようでしたら、申し訳ございませんが、先に記載した情報内にもある証明書関係の作業が必要ではないかという印象です。
http://support.citrix.com/article/CTX127448

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XenDesktop 5.6 ExpressをESXi5.0でvCenter無しで試してみる:

« DMC-TZ20 (Panasonic Lumix)の分解 ~撮影素子についたゴミの除去~ | トップページ | ルートラボのルートデータ(TCX)をGARMIN800に取り込む »

Google Adsense

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ