« Raspberry Pi 3B+ (ラズベリーパイ)に Volumio2 (Ver.2.729)を導入してみる(2020年4月) | トップページ | 新型コロナウイルスと「感染経路不明」の文字について考える »

2020年4月 5日 (日)

Windows10 から古いNASに接続できない・つながらない。SMBのバージョンの問題。

新旧の機器がネットワークに混在する我が家のネットワーク。Raspberry (ラズベリーパイ)に、Volumio2を導入し、ネットワークを利用した音楽再生環境を構築し、古いNASの共有フォルダをネットワークドライブとしてマウントもできました。
さて、音楽ファイルをNASにコピーしようとして、気づきました。Windows10から、古いNASに接続できないこと。
そういえば、SMBのバージョンの問題で、Windows10などは標準の状態では接続できないことを思い出しました。

 

記憶を頼りに、SMB1.0に対応するため、SMB1.0/CIFSクライアントの機能をWindows10に追加してみます。

まずは、コントロールパネルを起動。「プログラムと機能」を選択。「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択します。

そこから、「SMB1.0/CIFS ファイル共有のサポート」から「SMB 1.0/CIFS クライアント」を追加します。

Cifs10

追加した後は、再起動が必要です。
再起動後、NASへのUNCパス指定( ¥¥<IPアドレス> )でのアクセスを試み、接続できることを確認します。

 

 

« Raspberry Pi 3B+ (ラズベリーパイ)に Volumio2 (Ver.2.729)を導入してみる(2020年4月) | トップページ | 新型コロナウイルスと「感染経路不明」の文字について考える »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Raspberry Pi 3B+ (ラズベリーパイ)に Volumio2 (Ver.2.729)を導入してみる(2020年4月) | トップページ | 新型コロナウイルスと「感染経路不明」の文字について考える »

Google Adsense

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ