« キングジム テプラ PCラベルシステム SPC9 をWindows10で使う方法の例(KINGJIM TEPRA SPC9 Ver.3.7をWindows10で使用する) | トップページ | 「パーソナル編集長 Ver.14 」(ソースネクスト)で、スポーツ新聞風のチラシをつくってみる »

2020年5月29日 (金)

Windows10で ENG が表示されて英語入力のUSキーボードになってしまう場合のショートカットキー (Windowsキー+SPACE)

2020年4月頃から、使用中のWindows10のPCで起動時に、USキーボードの設定になることに気づきました。

画面右下の”ENG"と表示された箇所に、マウスでカーソルをあわせて、日本語入力に戻せます。

マウス無しのキーボードのショートカットでも、変更できます。

 

Eng0

 

「Windowsキー+Space」で、日本語と英語のキーボード切り替えができるので、覚えておこうと思います。

  Eng2

 

この切り替え作業が面倒な場合は、「言語」の設定から、「ENG 英語(米国) USキーボード」をアンインストールするのが良いと思います。

※英語(米国)の言語入力の設定が必要な場合は、ここからの作業は行わないでください。


「スタート」から「設定」を呼び出し、「時刻と言語」をクリックします。

Jikokugengo 

 


左側の項目から「言語」をクリックします。

Gengo

 

「優先する言語」の中に、“英語(米国) USキーボード”があったら、「アンインストール」をクリックし、削除します。

※下記の画像は、“英語(米国) USキーボード”は削除済みで、“日本語”しかありません。

Yuusen


« キングジム テプラ PCラベルシステム SPC9 をWindows10で使う方法の例(KINGJIM TEPRA SPC9 Ver.3.7をWindows10で使用する) | トップページ | 「パーソナル編集長 Ver.14 」(ソースネクスト)で、スポーツ新聞風のチラシをつくってみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キングジム テプラ PCラベルシステム SPC9 をWindows10で使う方法の例(KINGJIM TEPRA SPC9 Ver.3.7をWindows10で使用する) | トップページ | 「パーソナル編集長 Ver.14 」(ソースネクスト)で、スポーツ新聞風のチラシをつくってみる »

Google Adsense

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ