« コロナ禍での生活の変化 ~仕事・趣味の環境の構築・改善と健康管理~ | トップページ | シフト撮影を行おうと、KIPON製のレンズ シフト マウント アダプター を試してみる ~ KIPON shift NIK-m4/3 ~  »

2021年3月15日 (月)

日常、身の回りにある「電気」について、計測してみる ~電力計、電圧計、電流計、ワットメーター~

在宅勤務が現在(2021年3月)も続いており、日々気になるのが在宅中の電気代。自作の太陽光発電システムを活用し、以前はモバイルバッテリー、現在はポータブル電源を併用して、自然エネルギーの有効活用を日々模索中です。

太陽光発電システムは主に12Vを扱うのですが、インバーターを利用したり、ポータブル電源のAC100V出力コンセントを使うことも多く、商用電源と違いがあるのかどうか気になってきました。

市場の製品を調べてみると、節電対策用のワットメーターがいくつかあり、ワット数表示で消費電力量がわかるものはあるようでした。意外とないのが、入力電源の電圧(V)表示とか、電流(A)の表示機能。

Amazonなどを検索してみると、2000円前後でパワーモニター系の製品はあるので、お試し気分で購入してみました。

 

それがこちら。

型番は、「P06S-20」、110V~250V対応(100Vは?)、20AまでOKなようです。

1200_1615741358582

この製品は、いくつかモデルがあるようなので、用途に応じて製品選択に注意が必要です。

 

 

これを100均で買ってきた小物入れに収めようと思いました。

1200_1615741358578

 

この小物入れに、購入したパワーモニターが収まるように、カッターを使って根気よく切りこんでみました。

1200_1615741358574

 

パワーモニターを小物入れのふたを切り抜いた場所に取り付け、説明書に従い、電源ケーブルを結線。
電源ケーブルには物理的な負荷がかかっても抜けないように、ケースに内側でコードにぐるぐるとテープを巻きました。そのテープがストッパーになって、ケースからコードが抜けないようにしました。

 

テスターで各部を点検した後、家のコンセントに接続してみると、入力電圧は、103Vで、50Hzを表示しました。

1200_1615741358586

 

では、ポータブル電源(RAVPOWER RP-PB187)はどうかと調べてみると...111V 60Hzでした。

1200_1615741358567

 

このポータブル電源のPD出力は60Wまでなので、60Wを超えるPD出力が必要な場合は、AC出力にPD電源出力機能付きのアダプタを使って、使用することになります。

1200_1615741358560

 

もちろん、問題なく使用でき、ノートPCをつないだら、10W~65W程度まで利用状況に応じて表示が変動することが確認できました。

 

これで、電気の細かな数値をみながら様子をみてみようと思いました。

 

 

 

« コロナ禍での生活の変化 ~仕事・趣味の環境の構築・改善と健康管理~ | トップページ | シフト撮影を行おうと、KIPON製のレンズ シフト マウント アダプター を試してみる ~ KIPON shift NIK-m4/3 ~  »

AV機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍での生活の変化 ~仕事・趣味の環境の構築・改善と健康管理~ | トップページ | シフト撮影を行おうと、KIPON製のレンズ シフト マウント アダプター を試してみる ~ KIPON shift NIK-m4/3 ~  »

Google Adsense

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ