« Microsoft Teams 「アップロードできませんでした サーバー記憶域のクォータを超過しています。」の対処方法 | トップページ | スマートウォッチ OPPO Band Style で 酸素飽和度 を測ってみる ~ スマートウォッチのパルスオキシメーター機能を試す~ »

2021年8月22日 (日)

大型電子ペーパー RICOH eWhiteboard 4200 で USBメモリを使うには ~ USB OTG ( USB On-The-Go ) ケーブル、HUB の使用~

大型の電子ペーパー RICOH eWhiteboard 4200 (以下、 eWB )にさわれる機会があったので、素朴な疑問だった eWB でのUSBメモリの使用を試してみました。

■ RICOH eWhiteboard 4200 のUSB端子について

eWB のUSB端子は、USB Type-C と Micro USB2.0 Type-B です。USB Type-C 本体への電源供給用。Micro USB2.0 Type-Bはデータ交換用となっています。さて、Micro USB2.0 Type-Bでデータ交換となると、直接接続できるようなUSBメモリなどなさそうです。では、どうするか...というのが疑問でした。

 

■ USB OTG ( USB On-The-Go ) ケーブル、HUB の使用
eWB の Micro USB2.0 Type-B を使ってUSBメモリを利用するには、USB OTG ( USB On-The-Go ) ケーブル、または、HUB を使うのが正解とのことでした。

 

今回は、Route R社の USB 2.0 OTG 4 PORT HUB を使い、USBメモリを接続してみました。

 

200k_z6g_2856_001

eWB 上で、「かきこみ」や「かき」とペンで書くと、「■PDF書き込み」メニューが表示されます。

200k_z6g_2857_002

ここで「■PDF書き込み」を選択すると、USBメモリーの内容が表示されます。
保存先は、ルートでもフォルダでもどちらでも可能です。

200k_z6g_2858_003a

保存したPDFファイルを読み込むには、eWB上で、「よみ」と書けば、「■PDF読み込み」メニューが表示され、PDFの読み込みが可能になります。

200k_z6g_2859_004a

 

« Microsoft Teams 「アップロードできませんでした サーバー記憶域のクォータを超過しています。」の対処方法 | トップページ | スマートウォッチ OPPO Band Style で 酸素飽和度 を測ってみる ~ スマートウォッチのパルスオキシメーター機能を試す~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Microsoft Teams 「アップロードできませんでした サーバー記憶域のクォータを超過しています。」の対処方法 | トップページ | スマートウォッチ OPPO Band Style で 酸素飽和度 を測ってみる ~ スマートウォッチのパルスオキシメーター機能を試す~ »

Google Adsense

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ