« Nikon Zfc エクステンショングリップ Zfc-GR1 と SmallRig L-Shape Grip for Nikon Zfc Camera 3480 の違い、比較 | トップページ | Capture One 21 Pro のテザー撮影でカメラ本体内メディアとCapture One 上に撮影データを同時保存する設定 ~Nikon D780 と Z6 の場合~ »

2021年9月12日 (日)

Adobe Lightroom Classic と レンズプロファイル による画像の表示・書き出し不具合 ~ Canon EOS R6 + Canon RF 24-240mm F4-F6.3 IS USM ~

Canon EOS R6 のRAW形式のファイルの拡張子は「CR3」で、Adobe Lightroomでも対応時期が遅れたり、いろいろと不具合があった(今でもある?)ようです。
今回は、CR3に起因するものではなかったのですが、Adobe Lightroomで不具合があったので、その報告と対処方法を記述します。

▼まずは、環境紹介
Canon EOS R6 (ファームウェア Ver.1.4.0)

Canon RF 24-240mm F4-6.3 IS USM (ファームウェア Ver.1.0.6)

Adobe Photoshop Lightroom Classic (10.4リリース、Camera Raw 13.4、  ビルド[202108071231-af9219b9]
※2021年9月現在

20210912_lc104_cameraraw134

▼不具合状況

EOS R6 で撮影したRAW(CR3)ファイルをLightroomで読み込み、何らかの操作、または「ライブラリ」から「編集」に移ると、読み込んだ画像の周囲に余計な余白が追加される。

 

▼原因:LightroomのAdobeのレンズプロファイル

Lightroomの「レンズ補正」項目の中に、「レンズプロファイル」があります。

今回使用したレンズ(Canon RF 24-240mm F4-6.3 IS USM)には、プロファイルが2つありました。
1.Adobe(Canon RF 24-240mm F4-6.4 IS USM)

2.Adobe(Canon RF 24-240mm F4-6.3 IS USM) V2

Cr3_trouble_

この2つのプロファイルのうち、末尾に”V2”があるものを選択すると、画像の外周部に余白が追加されてしまうことがわかりました。
レンズの歪み補正による不具合だと思うのですが、このプロファイルの違いや使い分けを知りたいですね。

 

« Nikon Zfc エクステンショングリップ Zfc-GR1 と SmallRig L-Shape Grip for Nikon Zfc Camera 3480 の違い、比較 | トップページ | Capture One 21 Pro のテザー撮影でカメラ本体内メディアとCapture One 上に撮影データを同時保存する設定 ~Nikon D780 と Z6 の場合~ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Nikon Zfc エクステンショングリップ Zfc-GR1 と SmallRig L-Shape Grip for Nikon Zfc Camera 3480 の違い、比較 | トップページ | Capture One 21 Pro のテザー撮影でカメラ本体内メディアとCapture One 上に撮影データを同時保存する設定 ~Nikon D780 と Z6 の場合~ »

Google Adsense

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ