« OMRON製 UPS BN50T のバッテリパック交換 ~交換バッテリパックーは オムロン BNB75T ~ | トップページ | キーボードのキーのカバーを3Dプリンタで作ってみる ~CHUWI CoreBook Proの電源スイッチの押し下げ防止カバーの作成~ »

2022年7月30日 (土)

Qrio Lock (Q-SL2) の両面テープが剥がれる・Qrioが落ちるので、落下防止プレートを3Dプリンタ(Creality Ender-3 S1 Pro)でつくってみる

我が家のドアに取り付け、鍵の開け閉めを非常に楽にしてくれた Qrio Lock 。

 

ドアの表面に両面テープで貼り付ける形式なので、以前から剥がれて落下の懸念を持っていました。

そして取付から半年以上経過。今年の夏の暑さもあるのか、両面テープの粘着部分が熱の影響を受けたのか、Qrio Lock が半分はずれかかった状態になっているのをみかけたり、鍵のアンロックができない状態になっていることが発生し始めました。

そもそも、このQrio Lock、その形状から片持ちのような取り付けになりがちで、重量バランス的にも自重で徐々に落下の危険性を高めていく形状ではないかと思います。

 

そこで、最近我が家に導入した 3Dプリンタ( Creality Ender-3 S1 Pro )を使って、Qrio Lock の取り付け強度をアップするべく、ベースプレートを作成することにしました。

 


 

 

デジタルノギスでドアの突起物やサムターンの円形部の寸法を測りました。

 

 

寸法を測り、3Dプリンタ用の簡易CADソフトで設計。スライサーを経由して、Ender-3 S1 Pro用のデータを作成しました。

 

Wvga_1659107569978n_007

印刷を開始した直後はきちんと出力できるか、いつも不安です。

 

厚みを増すごとにドキドキワクワクしてきます。

Wvga_1659107569930n_006

 

出来上がったベースプレートは下記の写真参照。

Wvga_1659107569844n_004

 

それでは、ドアに取り付けてみます、

Wvga_1659107569800n_003

 

そもそも、Qrio Lock の標準の取り付け方だと、片持ちのような状態で、下部方向に荷重がかかりつづけているような貼り付け方だと思います。また、サムターン部分の開け閉めで、Qrio Lock自身が、左右にひねりを加えるや動きをしていると思います。

 

今回のベースプレートを取り付けることで、左右へのひねりをベースプレート部分で吸収し、片持ちを避けるための支持部も用意することができました。

Wvga_1659107569754n_002

 

斜め横からみると、3Dプリンタで作成したベースプレートが Qrio Lock をうまく左右から挟み込み、下から支えていることがわかると思います。

Wvga_1659107569714n_001

 

この状態で Qrio Lock が落下しないか、しばらく様子をみたいと思います。

« OMRON製 UPS BN50T のバッテリパック交換 ~交換バッテリパックーは オムロン BNB75T ~ | トップページ | キーボードのキーのカバーを3Dプリンタで作ってみる ~CHUWI CoreBook Proの電源スイッチの押し下げ防止カバーの作成~ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OMRON製 UPS BN50T のバッテリパック交換 ~交換バッテリパックーは オムロン BNB75T ~ | トップページ | キーボードのキーのカバーを3Dプリンタで作ってみる ~CHUWI CoreBook Proの電源スイッチの押し下げ防止カバーの作成~ »

Google Adsense

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ