« キーボードのキーのカバーを3Dプリンタで作ってみる ~CHUWI CoreBook Proの電源スイッチの押し下げ防止カバーの作成~ | トップページ | Acronis TrueImage 、Backup のブータブルメディアで起動した際にマウスが認識されなかった場合のキー操作(ショートカットキー)について »

2022年8月 4日 (木)

ミニプラグ形式のショットガンマイク(ゼンハイザー MKE400)をワイヤレスマイクシステム(COMICA BoomX-D2)と連携してみる

ショットガンマイクとして、ゼンハイザー(SENNHEISER)のMKE400を購入しました。


NikonのZシリーズと相性も良く、愛用しています。

このMKE400ですが、ワイヤレスで使えたらと思い、手持ちのワイヤレスマイクシステム COMICA BoomX-D2を使って、ワイヤレスショットガンマイクのシステムがつくれるか、試してみました。

今回の工夫どころは、マイクブームポールの先端にいかに、MKE400とBoomX-D2の送信機を取り付けるかということでした。

今回、私が利用したのは、アクセサリシュー付きの自由雲台です。Ulanziというブランドで発売されています。

実際に、こちらを使うとどのように取り付けられるか撮影した写真があるので、こちらをご確認ください。

 

Ulanziの自由雲台の側面に、アクセサリーシューがついています。

ここに、BoomX-D2の送信機のクリップ部分を差し込みます。

もともと、BoomX-D2の送信機・受信機ともに、アクセサリーシューに取り付けられるクリップがついているので特に改造等は不要です。

Wvga_1659564034763n_002

 

実際に取り付けた画像がこちら。

すっきりとマイクとワイヤレスマイク送信機を取り付けることができました。

Wvga_1659564034747n_001

« キーボードのキーのカバーを3Dプリンタで作ってみる ~CHUWI CoreBook Proの電源スイッチの押し下げ防止カバーの作成~ | トップページ | Acronis TrueImage 、Backup のブータブルメディアで起動した際にマウスが認識されなかった場合のキー操作(ショートカットキー)について »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キーボードのキーのカバーを3Dプリンタで作ってみる ~CHUWI CoreBook Proの電源スイッチの押し下げ防止カバーの作成~ | トップページ | Acronis TrueImage 、Backup のブータブルメディアで起動した際にマウスが認識されなかった場合のキー操作(ショートカットキー)について »

Google Adsense

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ