« 2023年2月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月23日 (日)

2023年4月のシーズンオフの時期に「あまちゃん」の街・久慈に東京から行った話(高速バスを利用)

2023年4月。朝ドラの「あまちゃん」の再放送が、BSP・BS4Kで始まりました。

「あまちゃん」放送10周年の今年、東京から久慈まで、高速バスを使った安価な交通手段で行ってみました。

 

2014年から数年間、よく使っていた、岩手県北バスの「岩手きずな号」は、コロナウイルスの影響もあり、2023年4月現在、運行本数を減らしており、東京から久慈に向かう便は、金・土のみの運行。岩手から東京に向かう便は、木・金のみの運行です。

つまり、旅程が土日の場合、きずな号では東京から久慈に向かうことはできますが、久慈から東京には帰ることができません。

※そもそも、日曜日の夜に久慈を出発すると、到着が月曜日の朝なので、月曜日の仕事を午前半休または休みにしないといけないといった制約があります。

ちなみに、「岩手きずな号」に乗車する場合、東京八重洲口を22:45発。久慈駅着は翌9:30頃になります。GW前の乗車運賃は10000円くらいのようです。

 

私が向かった2023年4月15日(土)・16日(日)(出発は4/14金、帰りの東京着は4/17月という1泊4日の旅)では、「岩手きずな号」を使わず、東京・盛岡間は、JAM JAM LINER。盛岡・久慈間は、JR東北バス「白樺号」を利用しました。

これを使うことにより、シーズンオフ運賃ということもあり、かなり安価で東京・久慈間を往復できました。

往路の東京→盛岡で使ったJAM JAM LINERは、4列シートで、3500円でした。盛岡→久慈で使った「白樺号」は、2920円でした。

合計6420円で、東京から久慈に行くことができました。

注意点としては、盛岡への到着時刻です。「白樺号」の第1便は、朝6:30に出発します。これに乗るために、東京→盛岡行の高速バスは、6時前後には盛岡駅に到着する便を選ぶ必要があります。

私は今回は、「俺の夜行バス」というサイトを使いました。

 

▼往路

私は、4/14金に東京鍛冶橋を22:40発、4/15土に盛岡駅西口に6:05着のJAM JAM LINERを利用しました。

4列シートのバスで、シーズンオフということもあり、3500円という運賃でした。

盛岡駅西口についたのはほぼ予定通りの6:08。

お手洗いをすませ、コンビニで軽い朝食を購入し、6:30発の白樺号に乗り換えました。

「白樺号」は、交通系ICカードが使えます。私はPASMOを使いましたが、問題なく乗車できました。

Ouro

 

▼復路

4/16日は久慈駅を白樺号で17:50発、盛岡駅に20:11着で帰路につきます。

盛岡駅西口を出発するのは、4/16日23:00。東京鍛冶橋着は6:48の予定。実際の到着は6:55で、3000円という運賃でした。

 

盛岡駅の駅ビルの飲食店は、9時ラストオーダー、9時半閉店といった店が多いようなので、帰路は盛岡駅に到着したら、すぐに食事した方が良いです。食事を終えたら、盛岡駅にある待合室で、帰りの高速バスを待ちました。

空調も効いていますし、机つきの椅子などがあるので、比較的ゆっくりできます。

 

■久慈での過ごし方

まず、土曜日の晩は宿泊することになるので、今回は、「久慈第一ホテル」を選択しました。

私が予約した時は、朝食なしで6100円。朝食有で6800円だったと思います。

 

「あまちゃん」の撮影地に行く人の多くは、「小袖海岸」に足を運ぶと思うのですが、シーズンオフは公共交通機関(バス)に注意です。

市内バスの「久慈 小袖海岸線」を使うことになります。

時刻表一覧は久慈市のHPのこちら

時刻表を見ると、4月中は、久慈駅12時発のバスでしか、小袖海岸(小袖海女センター)に行けない様子。小袖海岸に到着するのは12:37。

では、小袖海岸から久慈駅に帰るバスは...というと...14:00発しかないような...。

小袖海岸の滞在・観光時間は約80分。

 

この時間以外で小袖海岸((小袖海女センター))に行く場合は、レンタカーの利用のほか、タクシーの時間貸し(<観光プラン>普通車1時間5000円、2時間10000円)のほか、健脚の方は、晴天時のみになると思いますが、レンタサイクルの利用も選択肢のひとつになります。

レンタサイクルを使う場合は、片道約9kmを電動アシスト自転車等で自分の脚で走っていくことになります。

 

久慈エリアの「あまちゃん」ロケ地マップをGoogleマップで公開しているので、ご参考まで。

 

2023年4月13日 (木)

自転車利用者のヘルメット着用の努力義務化におけるヘルメット選び

改正道路交通法の施行により、令和5年4月1日から自転車利用者のヘルメット着用が努力義務化されました。

自転車用ヘルメットの着用 警視庁 (tokyo.lg.jp)

 

以前からスポーツ自転車(ロード、クロスバイク、MTBなど)に乗ることがあったので、ヘルメットの大切さについては理解しているものの、レースやロングライド時を除いては、ヘルメットをほぼかぶることは個人的にはありませんでした。

 

自転車用ヘルメットといえば、OGKカブト社がぱっと頭に浮びます。

ヘルメットの重要性についてのページもしっかりとあります。

ネット通販サイトには、安価な製品もあふれていますが、価格だけにとらわれず、安全性能や自身や日本人の頭部形状の傾向に沿った製品を選ぶのが良いと考えます。

自転車用ヘルメットのデザインもいわゆるサイクリスト向けのものから、一般のカジュアル向けなデザインの製品が出てきているようです。

ハット型とかキャップ型とか。そういったものから選ぶとよいかもしれませんね。

 

« 2023年2月 | トップページ | 2023年5月 »

Google Adsense

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ