« 2023年5月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月

2023年8月26日 (土)

TASCAM DR-40 / DR-40X に 3.5mmピンジャックタイプのマイクを接続して録音 ~RODE VXLRPRO~

TASCAM製のリニアPCMレコーダーのDR-40を使用しています。2023年現在販売されているのは後継機のDR-40Xです。

 

DR-40Xは、4トラックデジタルオーディオレコーダーに加えて、DR-40にはない「USBオーディオインターフェース」機能も搭載されています。

 

通常、DR-40Xにマイクを接続する場合、XLR端子を用いて、XLRタイプのマイクや機器を接続します。

しかしながら、小型のワイヤレスマイクトランスミッター[(RODE Wireless GOⅡや、Synco G2(A2)]をDR-40X等のXLR入力型の録音機器に接続して録音したい場合、3.5mmピンジャックからXLRコネクタに変換するアダプタが必要です。

 

 

 

3.5mmピンジャックをXLRコネクタに変換するアダプタはいくつかあるのですが、その機能と汎用性の高さから、今回は、RODE VXLRPROを購入しました。

 

 

この、「VXLRPRO」は、ファンタム電源をプラグインパワーの電圧に変換して供給できることができるほか、TRSをバランス型のXLRに変換できる貴重なアダプターです。

 

DR-40のFAQには下記の記載があります。

アンバランスマイクを使うとノイズが録音される場合があります。
DR-40のマイク入力(EXT IN)はバランス入力のみに対応していますので、必ずバランス出力タイプのマイクをお使いください。
アンバランスマイクをXLRコネクターに変換してもお使いいただけません。

 

ここで難しい説明は省きますが、DR-40でも正しく録音するために、バランス型のXLRにしてくれるこのアダプタが非常に重要なアイテムになります。

 

これにより、安価なICレコーダーで使用していた3.5mmピンジャックタイプのマイクを使って、DR-40での録音が可能になりました。

 

ちなみに、RODEのVXLRの製品には、VXLR Pro / VXLR+ / VXLR という3つの製品があります。

その違いについては下記にまとめられています。

いずれの製品も、「3.5mmTRSコネクタをXLRコネクタへ変換するアダプタ」ですが、「VXLR+」には、ファンタム電源からプラグインパワーに電圧を変換して供給する機能が追加されており、さらに、「VXLR Pro」では、アンバランス信号をバランス信号に変換する機能も有しています。


【VXLR Pro / VXLR+ / VXLR】それぞれ何が違いますか?

 

 

 

« 2023年5月 | トップページ | 2023年9月 »

Google Adsense

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ