« TOTO シャワー TMG40C型の切替ハンドル交換 ~不具合の原因判明と交換作業~ | トップページ

2024年6月14日 (金)

Xiaomi 14 Ultra + Photograhy kit の常時接続時のバッテリ消費問題 ~カメラグリップは外しておこう~

Xiaomi 14 Ultra + Photograhy kit なのですが、カメラグリップをつけっぱなしにしていると、バッテリ消費が早い気がしてしらべてみました。
使ったのは、USB Type-Cの簡易電流計測計。

ちなみに、Xiaomi 14 Ultra ですが、Photograhy kit を取り付ければ、67mmのフィルターが取り付けられます。
私がつけたのは、Kenko PRO1dの67mmの薄型タイプ汎用性の67mmのレンズキャップもつけました。
レンズフードを取り付けてみようと思っていろいろ試しましたが、超広角レンズはなにをやってもケられが発生してしまいました。
67mm→82mmのステップアップリングをつけて、82mmの広角用レンズフードをつけてもケラれました。

Wvga_img20240523015454 Wvga_img20240523015650



 

さて、Xiaomi 14 Ultra にカメラグリップをつけた場合ですが、カメラグリップからバッテリ充電をする/しないの設定ができます。

 

「カメラグリップから充電」がONだと、5V 1A くらいの電流が流れ。

Wvga_img20240610013126

 

 

「カメラグリップから充電」をOFFにしても、5V 0.02A くらいの電流が流れていました。
このわずかな電流でも、カメラグリップのバッテリを消費してしまうようです。
Wvga_img20240610012754

 

そして、カメラグリップのバッテリ残量が5%以下になると、Xiaomi 14 Ultra 本体から、カメラグリップ側に電流が流れ始めます。
本体の充電に利用したカメラグリップが、逆に本体からカメラグリップを充電しようとしてしまうようです。

Wvga_img20240610023430

 

この動きのせいで、Xiaomi 14 Ultraとカメラグリップをつけっぱなしにすると、いつも間にかバッテリが残量がなくなっている状態に陥るようです。

 

というわけで、カメラグリップは普段は外しておくことをおすすめします。

« TOTO シャワー TMG40C型の切替ハンドル交換 ~不具合の原因判明と交換作業~ | トップページ

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TOTO シャワー TMG40C型の切替ハンドル交換 ~不具合の原因判明と交換作業~ | トップページ

Google Adsense

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ