パソコン・インターネット

2022年6月 6日 (月)

Microsoft Edge で 印刷に失敗しました 、PDF が印刷できない件と回避策 ~Chromium用Edgeのポリシーテンプレートを追加しての設定作業~

Microsoft Edge で PDF が印刷できないという問題を耳にしました。

下記のメッセージが表示されるそうです。

・印刷に失敗しました
・プリンターを確認してから、やり直してください。印刷に失敗しました。


プリンタメーカーを問わず発生しているとのことで、Microsoftも認識済みだとか(2022年6月1日現在)。

現在(2022.06.06)、PDFの印刷にEdgeを使用せず、PDFビューアアプリや、他のPDFを開けるブラウザ等を使用する代替案が提示されているようです。
または、「Ctrl」+「SHIFT」+「P」を押して、Edgeの印刷画面をスキップする方法があるようです。

 

少し調べてみたところ、他の回避策で、EdgeでもPDFが印刷できるようです。

そんな覚書。

まず、環境ですが、Windows10Pro(日本語版)最新版です。Edgeも現在の最新版。ローカルポリシーでの設定作業を前提としています。

必要な作業と流れですが、Chromium用Edgeのテンプレートを追加し、「Microsoft Edge」用のポリシーテンプレートを追加。追加されたテンプレートから「Microsoft Edge」の「印刷」にて、「システム印刷ダイアログを使用して印刷する」を“有効”にする手順になります。

 

▼Chromium用Edgeのテンプレートの入手

Chromium用Edgeのテンプレートを入手するために、下記のURLにアクセスします。

ビジネス向け Microsoft Edge のダウンロード - Microsoft

https://www.microsoft.com/ja-jp/edge/business/download

Image003

ご利用中のEdgeのビルドに対応したポリシーのZipファイルをダウンロードし、展開します。

展開したファイルで必要なものは下記の4つのファイルになります。

 

MicrosoftEdgePolicyTemplates\windows\admx\msedge.admx
MicrosoftEdgePolicyTemplates\windows\admx\msedgeupdate.admx
MicrosoftEdgePolicyTemplates\windows\admx\ja-JP\msedge.adml
MicrosoftEdgePolicyTemplates\windows\admx\ja-JP\msedgeupdate.adml

 

エクスプローラーを開き、下記のフォルダに移動します。

C:\Windows\PolicyDefinitions

上記のフォルダにファイルを配置・コピーします。

msedge.admx
msedgeupdate.admx
ja-JP\msedge.adml
ja-JP\msedgeupdate.adml



上記作業を終えたら、gpedit.msc でローカルグループポリシーエディタを起動します。

Image001

「コンピュータの構成」-「管理用テンプレート」の下に「Microsft Edge」のテンプレートが表示されます。

さらに「印刷」にすすみ、「システム印刷ダイアログを使用して印刷する」の項目を見つけたら、“未構成”を“有効”にして、ポリシーの更新をかけます。

002

以上で、Edgeの印刷画面ではなく、システム印刷ダイアログを使用した印刷になりますが、EdgeでのPDF印刷を実施することができます。

 

 

2022年5月24日 (火)

Lenovo ThinkBook 13s Gen2 で発生したマウス(カーソル)の断続的フリーズ、デバイスマネージャーが定期的に更新を続ける件

Lenovo ThinkBook 13s Gen2のWindows10モデルを購入しました。

▼マウスカーソルのフリーズの原因は?

Bluetooth接続のマウスや本体のタッチパッド操作のカーソルが定期的にフリーズすることがあり、ずっと調べていました。

いろい調べていると、USB周りの電力管理設定をオフにすることや、ネットワークアダプタでBlutooth接続を無効にすることが改善策として説明されていました。

説明されている通りに作業を行ったり、本体のBIOSのアップデートやデバイスドライバ関連が2022年4月に公開されていたので、アップデートしてみましたがずっと直りませんでした。

ある日、デバイスマネージャーを開いていると、定期的に更新がかかっていることに気付きました。

どうやら、この更新のタイミングの際に、マウスカーソルがフリーズすることが確認できました。

 

▼デバイスマネージャーで定期的に更新がかかる件

偶然発見したデバイスマネージャーの定期的な更新。なかなか原因がわからず、かなり気持ち悪いです。

ただ、ここで調べていくと、USBまわりのデバイスマネージャーが怪しいという情報を入手しました。

情報によると、USBホストコントローラーのデバイスをアンインストールして、再起動して、デバイスを再認識させると直るというものでした。

ThinkBook 13s Gen2の場合は、下記の画像にある通り、「intel(R) USB 3.10 eXtensible Host Controller - 1.20(Microsoft)」というもので、2つありました。

この2つのデバイスのアンインストールを行い、再起動してみたところ...

Devmgrusb

 

直りました!

Logicool M585 マウスさん、疑ってすみませんでした。

2022年5月14日 (土)

Windows11でのコピペについて ~切り取り、コピー、貼り付けは、アイコンからの操作が便利~

Windows11を導入して、今までよく使う作業の中で、OSアップグレード当初に「不便だな...」と思っていたのがコピペ。いわゆるコピー&ペースト。
右クリックメニューで表示される「その他のオプション」から選択する必要があると思い込んでいて、「なんて面倒なことをさせるんだ!」とイライラしていました。

さすがに、このユーザーインタフェースの改悪はないだろうと思っていたら、やはり改良されていました。

 

画像の赤丸で囲んだ部分のように、エクスプローラーや右クリックメニュー内に、「切り取り」、「コピー」、「貼り付け」のアイコンがありました。

このアイコンからコピペ作業ができるので、Windows11にする方・した方は最初に覚えておくとよいと思います。

Windows11

2022年4月21日 (木)

Lenovo ThinkBook の電源が入らなくなった時の対処方法 ~ Lenovo ThinkBook 13s G2 と Novo ボタン ~

      先日、久しぶりにノートPCを購入しました。

機種は Lenovo の ThinkBook 13s G2 です。アウトレットストアにて半額くらいの金額で購入できた13.3インチのノートPCです。

WUXGAで16GBメモリを搭載しており、モバイルPC用途ですが十分なパフォーマンスを出せそうです。重量は、1.26kgとのことなのでちょっと重め。

手元に到着し、SSDを交換したりして快適に利用していたのですが、先日ACアダプタを取り付けずに寝落ちし、朝起きた時には電源が落ちていて電源ボタンを押しても起動しない状態に陥っていました。

まずは充電と思って充電を開始。充電ランプも点灯しているし、電流が流れていることもUSB Type-Cの簡易電流計測器で確認してみました。

 

充電を始めたころの電力は約30W。

Wvga_004

 

その後、11.8Wくらい。

Wvga_003

 

そして、5.6Wくらいに。

Wvga_005

そろそろいいだろうと思って、ThinkBook の電源ボタンを押すも、うんともすんともいいません。

うーん困った。

 

いろいろ調べていると、「Novo ボタン」と呼ばれるリセットスイッチがあることを知りました。

https://support.lenovo.com/by/ja/solutions/ht062552

 

ThinkBook 13s G2の側面に、確かにありました。

ヘッドフォン端子の右横の小さな穴の部分がNovoボタンです。クリップの先端などで押すとリセットがかかるようです。

Wvga_001

 

Novo ボタンでのリセット後に電源を入れると無事起動。

「Novo Button Menu」が表示されたので、今回は「Normal Startup」を選んで起動すると、無事にWindowsが立ち上がってきました。

ほっとひと安心。

Wvga_002

 

 

2022年2月15日 (火)

STEINBERG のソフト WaveLab Cast をインストールしてみる ~ Steinberg Account の作成と Steinberg Download Assistant の準備~

Zoom の Field Recorder F2-BT を購入しました。
32bit フロート録音ができる画期的な製品です。


F2-BTには、録音レベル設定がありません。内部的には、異なるレベルで録音をしていて、それをソフトウェア WaveLab Cast を使って適切なレベルに調整後に録音ファイルを生成できます。調整を行わなくてもWAVファイルとして録音されています。

WaveLab Cast は Steinberg 社の製品で、ダウンロードやインストール、アクティベーション方法がわかりにくいのでまとめておきます。

 

■ Steinberg Account の作成

まず、https://steinberg.net/ja/wavelab/cast/ にアクセスします。

「体験版」のボタンをクリックします。

Wvga_02wcgetit

 

まずは、「無料体験版」をクリックします。

Wvga_03wc_which

 

画面が変わり、「WAVELAB」の体験版のボタンが現れます。どちらでも構わないので、クリックします。

Wvga_04wc

すると、Steinberg Account の作成画面が現れます。

指示に従い、アカウントを作成します。

ブラウザの画面だけでなく、メールの確認なども必要なので、各自アカウントの作成をすすめてください。

Wvga_05wc

 

■Steinberg Download Assistant のインストール

下記のURL等から、ご使用中のOSに合わせたSteinberg Download Assistant を入手しインストールします。

https://japan.steinberg.net/jp/support/content_and_accessories/steinberg_download_assistant.html

Wvga_09st

 

Steinberg Download Assistant のインストールを完了すると、下記のソフトウェアを利用できるようになります。

下記の画面の「ダウンロードアクセスコードを入力」をクリックします。

Wvga_10da

購入した製品に添付されたアプリケーションの「ダウンロードアクセスコード」を入力します。

Wvga_11da

画面の指示に従い、アクティベーション作業を進めます。

Wvga_12da

ライセンスのアクティベーションを行います。

Wvga_13da

問題がなければ、ライセンスのアクティベーションが行われます。

 

Wvga_14da

 

Steinberg Download Assistant で、「▼製品のダウンロード」をクリックして展開します。

するとダウンロードが可能なソフトウェアが表示されます。

今回は、WaveLab Castを選択します。

Wvga_15dl

右の画面で、 WaveLab Cast をダウンロードします。

Wvga_16dl

 

ダウンロードが完了したら、ダウンロードフォルダからインストールファイルを実行します。

Wvga_17fl_20220215203901

■WaveLab Cast のインストール

 

Wvga_18in

 

ライセンス契約の内容を確認し、作業をすすめます。

Wvga_19in

インストール先を確認して、作業をすすめます。

Wvga_20in

 

インストールを実行します。

Wvga_21in

 

インストールが完了すると下記の画面が表示されます。

Wvga_22in

インストールが完了したWaveLab Castを起動し、調整したいファイルを参照して編集を行うことができます。

Wvga_23wl

2021年12月22日 (水)

オリンパス ICレコーダー ・ ボイスレコーダー ( OLYMPUS DM-720 , DM-750 ) のメンテナンス ~ 液晶保護シート 、 底面ネジ ~

■OLYMPUS DM-720 , DM-750 の液晶パネルの保護の話
オリンパス製のICレコーダー DM-720 を使用しています。中古で購入したのですが、液晶の透明部品が樹脂製らしく、気になる大きな擦り傷がありました。

この擦り傷が光の反射によっては、表示が見づらく、これ以上傷が広がるのも問題なので、早急に保護する必要を感じました。

そこで考えたのが液晶保護シート。ただ、液晶サイズが小さく、適したサイズのものが市販品に有りません。なので、フリーサイズの液晶保護シートを100円ショップで買ってきました。

200k_1640180305370_002

A4サイズの液晶保護シートでハサミで切って自由なサイズで使えます。

また、剥離する面には方眼が入っているので、サイズを決めるのも比較的楽です。

その方眼を目安に、DM-720の後に追加購入した後継機 DM-750 に貼ってみました。

 

200k_1640180305362_001

これで、カバンに雑に突っ込んでも、液晶パネル部分の傷の心配がなくなりました。

メーカー製でもフリーサイズの液晶保護シート製品はいくつかあるようですね。

 

 

■ OLYMPUS DM-720 , DM-750 の底面ネジの話

さて、DM-720を中古で買ったのですが、買ったときからなのか、使っていて抜けてしまったのか、底面部分の2本のネジがいつの間にか無くなっていました。

サービスセンターに部品提供のみで購入可能か問い合わせてみたのですが、部品のみの販売はなく、サービスセンターでの交換のみとの回答。参考の修理料金が私の中古製品購入価格を超えていたため、メーカー修理をあきらめました。
では、ネジの仕様は?と思ったのですが、どこにも記載がなく、教えてもいただけなさそうなので、一応測って、それっぽいネジを2種類ほど購入してみました。

そこで適合と思うネジが、Amazonで見つかったので、参考レベルで紹介しておきます(もし、ご自身で修理する際は自己責任でお願いします。)

そのネジは、M1.6x2 の小ねじでした。

200k_1640181082010_003

 

2021年12月12日 (日)

HP EliteBook Folio G1 の音が出ない ~オーディオ出力デバイスがインストールされていません~

HP EliteBook Folio G1 からある日、音が出なくなりました。タスクトレイのスピーカーアイコンには、赤いバツ印がつき、「オーディオ出力デバイスがインストールされていません」が表示されます。

心当たりがあるのは、Windows10 のWindowsUpdate。オーディオ出力デバイスのドライバが置き換わってしまったかなと思い、調べてみました。

Sound

 

デバイスマネージャーで確認すると、「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」の中にある「Conexant ISST Audio」のドライバが怪しいかなと考えました。

しかし、デバイスに特に怪しい表示はありませんでした。
ドライバーの日付を確認すると、「2020/10/31」バージョンは「9.0.232.70」でした。
これの別バージョンがないか調べ、「ドライバーの更新」でダウングレードしてみることにしました。

 

「ドライバーの更新」でダウングレードして再起動後をしてみると、音が再生されるようになりました。

ドライバーの日付を確認すると、日付は「2016/02/17」バージョンは「9.0.69.53」でした。

Sound2

簡単ではありますが、HP EliteBook Folio G1 のWindows10環境で、WindowsUpdate後に音が出なくなった場合の対処方法でした。

 

 

2021年8月22日 (日)

大型電子ペーパー RICOH eWhiteboard 4200 で USBメモリを使うには ~ USB OTG ( USB On-The-Go ) ケーブル、HUB の使用~

大型の電子ペーパー RICOH eWhiteboard 4200 (以下、 eWB )にさわれる機会があったので、素朴な疑問だった eWB でのUSBメモリの使用を試してみました。

■ RICOH eWhiteboard 4200 のUSB端子について

eWB のUSB端子は、USB Type-C と Micro USB2.0 Type-B です。USB Type-C 本体への電源供給用。Micro USB2.0 Type-Bはデータ交換用となっています。さて、Micro USB2.0 Type-Bでデータ交換となると、直接接続できるようなUSBメモリなどなさそうです。では、どうするか...というのが疑問でした。

 

■ USB OTG ( USB On-The-Go ) ケーブル、HUB の使用
eWB の Micro USB2.0 Type-B を使ってUSBメモリを利用するには、USB OTG ( USB On-The-Go ) ケーブル、または、HUB を使うのが正解とのことでした。

 

今回は、Route R社の USB 2.0 OTG 4 PORT HUB を使い、USBメモリを接続してみました。

 

200k_z6g_2856_001

eWB 上で、「かきこみ」や「かき」とペンで書くと、「■PDF書き込み」メニューが表示されます。

200k_z6g_2857_002

ここで「■PDF書き込み」を選択すると、USBメモリーの内容が表示されます。
保存先は、ルートでもフォルダでもどちらでも可能です。

200k_z6g_2858_003a

保存したPDFファイルを読み込むには、eWB上で、「よみ」と書けば、「■PDF読み込み」メニューが表示され、PDFの読み込みが可能になります。

200k_z6g_2859_004a

 

2021年8月20日 (金)

Microsoft Teams 「アップロードできませんでした サーバー記憶域のクォータを超過しています。」の対処方法

Teamsで、ファイルのアップロードや編集ができなくなった場合(空き容量不足の場合)の対応例

▼1:Teamsで下記のメッセージが表示され、ファイルのアップロードや編集ができない場合の対応例です。

【例1:「アップロードできませんでした サーバー記憶域のクォータを超過しています。」】

【例2:「このフォルダーの所有者は、OneDriveに十分な空き容量がありません。」】

1

 

▼2-1:「Teamsのディスク使用量の確認」

該当するTeamsの上で右クリックをし、「チームの管理」を選択します。

2_20210820013801

▼2-2:「Teamsのディスク使用量の確認」

「分析」を選択し、“要約”の“SharePointファイル”のサイズを確認します。※「xGB」のクォータ制限があるはず

3

▼3-1:「ゴミ箱の確認とファイル削除」

該当するTeamsの「一般」を選択し、画面右上の「…」を押して、“SharePointで開く“を選択します。

4

▼3-2:「ゴミ箱の確認とファイル削除」

右上の「歯車のマーク」を押し、設定から「サイトの利用状況」を選択します。

5

 

▼3-3:「ゴミ箱の確認とファイル削除」

画面左にある「ごみ箱」を選択します。

6

 

▼3-4:「ゴミ箱の確認とファイル削除」

「ごみ箱」内のファイルが表示されるので、不要なファイルを選択し、「削除」を選択して削除します。

7

 

以上で、空き容量が確保され、新たにファイルを保存することができると思います。

2021年7月24日 (土)

東京オリンピックの開会式(2021/07/23)をテレビで観ながら、マンガの吹き出し、集中線を描いてみた ~コミPo!~

2021/07/23金曜日。東京オリンピックの開会式がある日。
昼間は、ブルーインパルスの撮影をしたり、夜は開会式をテレビで見たり。そんな一日でした。

 

オリンピックの開会式をみていてふと目に止まったのが、各国の選手団が入場する際のプラカードでした。

「あぁ、マンガの吹き出しとか、集中線が描かれているなぁ...と。

そこで思い出したのが、絵が描けなくてもマンガがつくれるツールの「コミPo!」でした。

 

 

このツールは、パソコン上で動作するソフトウェアで、絵が描けない人でもマンガがつくれてしまう便利なソフトです。

便利である反面、制約も多く、服装などを追加するには、別途「データコレクション」を購入せねばならないといった懸念点があります。

それでも、簡単な操作で自分が思った通りのマンガがつくれるので、目的と用途さえあれば使えるツールです。

 

例えば、オリンピックの開会式で使われていたプラカードなども簡単に作ることができます。
Nippon Nippon2021

 

本当に簡単にマンガをつくることができるので、「絵は描けないけど、マンガを作ってみたい!」という方にはおすすめだと思います。

コミPo! ビジネス文書 マンガセット・スターターパック

 

コミPo! 学園マンガセット・スターターパック

 

 

より以前の記事一覧

Google Adsense

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ